2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

31.天然醸造の本物の味を知る 

2009年久留米まち旅博覧会プログラムNO.31 / 地酒蔵めぐりのまち旅

田主丸の若竹屋酒造場
31 天然醸造の本物の味を知る  ※開催は終了しました


若竹屋酒造場3 田主丸にある創業元禄12 年(1699)の若竹屋酒造場
の「元禄蔵」で、地酒を試飲しながら、杜氏のお話に耳
を傾けます。仕込み水は酒造りの命。
納連山の伏流水を味わい、米や麹について学んだ後は、
いよいよ体験です。お酒造り体験コース、蔵の見学コー
スともに、日常では体験できないひと時。
お食事は日本酒に合うお料理を、伝統的古民家の「和く
ら野」で、ゆっくりお召し上がりください。

1.蔵見学  11/17 (火)・19 (木) 11:00 〜13:30

              2.造り体験 11/26 (木)・29 (日) 9:30 〜13:00


若竹屋酒造場4     集合場所・会場/若竹屋酒造場
     田主丸町田主丸706
    料金/1.蔵見学2,200 円(昼食付)
     2.造り体験4,200 円(昼食付)
    定員/1.蔵見学各20 名 ・ 2.造り体験各10 名
    所要時間/1.蔵見学約2時間半 ・ 2.造り体験約3時間半
   ● 予約先  久留米まち旅博覧会事務局
     TEL 0942-31-1730  実施日の3 日前までに要予約

   昨年の「まち旅」では、蔵見学や日本酒の試飲がありましたが、
   今年は新たに「酒造り体験」が加わりました。楽しみですね。




城島酒蔵開き 17 もの蔵が位置する久留米は、その数が京都市についで国内
第二位の酒処。いい水があり、主に米どころであったことから、
江戸時代から続く老舗酒蔵もあります。
2 月から3 月にかけて地域で趣向をこらした酒蔵開きがあり、
中でも城島の酒蔵開きは毎年4 万もの人が新酒を味わいに訪
れます。もうひとつの力は、清酒とともに焼酎をつくる蔵の多さ。
いずれも個性派揃いで蔵めぐり楽しさもひとしおです。


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/97-20c3dcd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)