2017年秋のまち旅ガイドブック作成中!もう少しお待ちくださいね。いつでもまち旅は参加受付中です。

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


08年 ぐい呑み作りと 古民家レストランの自然食 1 

2008年11月26日、「藍生庵」での久留米絣体験を見学させて頂きましたが、
同じ日、同じ頃、久留米市山本町にある「乾太郎窯」で、
「ぐい呑み作りと 古民家レストランの自然食」のプログラムが開催中でした。

08年ぐい呑み作り2


「乾太郎窯」は200本ものハゼの樹が一キロも続く「柳坂の櫨並木」の近くに自宅アトリエがあり、
櫨の落葉を燃やした灰や、櫨の実の搾りカスを原料とした珍しい釉薬を使われています。

08年ぐい呑み作り3


乾太郎氏の器が並ぶアトリエの壁に、奥様手作りのパッチワークのタペストリーが掛けられていました。
奥様は久留米絣などの洋服や小物を制作されており、
「縫い人うふ布」というブランドの作家として活躍されているのです。
「乾太郎窯」のHPの「縫い人うふ布」のページに作品が紹介されるので、のぞいてみてね。

08年ぐい呑み作り4


さて、「まち旅博覧会」のぐい呑み作りを少しでも見学しようと、「藍生庵」から駆けつけると、、、、
ちょうど窯焚きが終わったとこでした。

このプログラムは朝 9:30~17:30 という長時間のプランですが、
なにしろ、時間内に器を作り、絵付けまでやっつけて、夕方には完成品を持ち帰っちゃうという、
ばさらすごか企画なのです。

乾太郎氏謹製の、短時間に乾燥・冷却をやってしまう秘密が詰まったプチ窯!

08年ぐい呑み作り6


窯焚きが終わったばかり、いい色に出来上がった「ぐい呑み」

08年ぐい呑み作り708年ぐい呑み作り1


それぞれの完成した作品を並べて、撮影会となりました。撮影会の背景がバッチリ良かったです。
お父さんにプレゼントするという参加者もいらっしゃいました。
手作りの「ぐい呑み」だもの、喜ばれますよね~
ご参加の皆さんお疲れ様でした。とっても楽しいプログラムでした。(posted by hotomeki)

08年ぐい呑み作り8

ぐい呑み作りの動画をアップしました。見てね。


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/960-d47e9791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)