2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

15.森光牧場で酪農体験&ミルク豚ランチレポ II 

2011年春のまち旅博覧会/実施レポート

4月23日(土)開催の「森光牧場で酪農体験&ミルク豚ランチ」、
参加された朝倉2号さんとのKAPPAさんのエンリトーをご紹介しましたが、
今日は同じくナビゲーターの 忠信さん のレポートです。みなさんの楽しそうな様子をご覧下さい。

クレヨンラインPP


牛アイコン2「森光牧場で酪農体験&ミルク豚ランチ」のレポートします。
参加者は大人15名、小学生10名でした。

口蹄疫の予防のため、牧場の出入り口は消毒液が敷いてあります。
参加者を3班に分けて、子牛の授乳体験、餌やり体験、搾乳体験が行われます。
「それではただいまから酪農体験を始めます。」と、森光牧場の森光さんのあいさつから始まりました。

森光牧場で酪農体験1


授乳を待つジャージー種の子牛です。体温ほどに暖められたミルクを飲ませます。
子牛はおとなしくて可愛いですよ~! おいしそうに上手に飲んでいました。

森光牧場で酪農体験2


こちらは餌やり体験。恐る恐る、こわいけど食べさせることができました。
「たくさん食べてください。」

森光牧場で酪農体験6


「いっぱい食べて、おいしい牛乳をいっぱい出してください。」

森光牧場で酪農体験7


それでは、搾乳体験を行います。

森光牧場で酪農体験4


森光牧場で酪農体験5
上の指から順番に絞っていきます!
みなさん初めての乳搾り。普段これほど牛に近づくことはありませんが、だんだん慣れてきました。
酪農体験が終了したらランチの会場に移動。会場は車でほんの1~2分の所にある、北野の酒蔵『山の寿』さんです。『山の寿』さんは、2010年春のまち旅で「香と紅茶と和酒で心と体をゆっくり癒す」というプログラムを実施して下さいました。


『山の寿』さんは文政元年(1818)創業の老舗造酒屋。
日本古来の文化を楽しむためにと、落語や和服、料理とお酒の会など色々なイベントが行われています。

森光牧場で酪農体験9


本日のランチは、東峰村の古民家レストラン『かやこも』のシェフが腕をふるったゴダーチーズと、
ミルク豚ソーセージをトッピングしたミルク豚のカレーライスとサラダです。
酪農体験でおなかをすかせ、楽しかった体験談で話が盛り上がります。
ランチの他に、森光牧場でしか飲めない生の牛乳や、森光牧場で作ったアイスクリームも食べることが出来、
参加者のみなさんも満足そうでした。カレーライスとアイスクリームはお代わりが出来ました。

森光牧場で酪農体験8


牛アイコン2終始、和やかな雰囲気でこのまち旅が進み、参加者も、お一人の方から家族づれ、
友人と二人での参加など多彩で、とても参加しやすい、また来たいと思う人が多かったと思います。
リポーターの私も参加2回目ですが、1回目に見覚えのある方もおられました。参加人数が限られ
競争率が高いメニューとなっていますが、今後も実施され多くの方々に参加して頂きたいと思います。
また森光さんには、家族総出でこのまち旅を盛り上げていただきありがとうございました。 ( 忠信 )

クレヨンラインPP

2011年春 実施レポート

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/922-44233515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)