2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

30.自分色の藍染めに櫨キャンドルを灯してレポ 

2011年春の久留米まち旅博覧会/実施レポート

櫨キャンドルづくり体験
30.自分色の藍染めに櫨キャンドルを灯して」の2回目が、4/18(月)、久留米市田主丸町で開催されました。ナビゲーターは「松山櫨復活委員会」の矢野さん。活動の拠点となる古民家の「櫨屋敷」を会場に開催されました。昨年に続いてhotomekiがレポートします。

昨年秋のプログラムは櫨キャンドル作りと山野草を使ったプチ生け花を体験していただきましたが、今回はキャンドル作りと、久留米絣の織元「坂田織物」さんから藍染め体験をご指導いただきます。櫨キャンドルづくり体験は早くから満席になり、遠くからも参加していただきました。もうすっかり人気プログラムになりましたね~



お客様は、キャンドル作り班と、坂田織物班の2グループに分かれてスタートです。
(作業する部屋まで、各自、開始のあいさつの時に座った座布団を持って移動する様子が面白かったです。

まずは、筑後地区の櫨についてのビデオを見てから、灯芯草の芯引きと芯巻きを体験します。
屋敷内のあちこちに素敵な生花が展示されてました。

櫨キャンドルづくり体験3


櫨キャンドルづくり体験4


櫨キャンドルづくり体験9
灯芯草から髄を引き出す「芯引き体験」は思わずクセになる面白さです。髄が出てこなかったり短く切れてしまったりと、なかなか難しいとばってん、長い髄がにゅるっと出てきた時は歓声が上がりました。
次は、その髄を和紙に巻いて蝋燭の芯を作ります。これは更に難しそうに見えましたが、みなさん、プチ職人体験はいかがでしたか?

次は、その芯を使ってキャンドルを作ります。お気に入りの器に芯を立て、櫨蝋を数回に分けて流し込みます。自分で芯から作った世界に一つの櫨キャンドルの出来あがり!ぜひ火を灯して楽しんでくださいね。



櫨キャンドルづくり体験10


藍染班は、坂田織物の坂田さんご夫妻から指導を受けて、布を縛ったり櫨蝋で模様を描いたりと、
みなさん、自由な発想で賑やかに作業されてました。

櫨キャンドルづくり体験11


わざわざ樽に入れた藍が櫨屋敷の土間に運び込まれてました。ありがたいですね~!!
櫨キャンドル作りや藍染めについての詳しい説明は、矢野さんと坂田さんに寄稿して頂きたいと思ってます。
(よろしく~)

櫨キャンドルづくり体験14


染め上げたら洗って蝋を落とし乾燥させます。風が強い日だったのでいい感じに干しあがりました。

櫨キャンドルづくり体験15


素敵な藍染ができあがりました!いろんな使い方で楽しんでくださいね。
お昼ごはんの前に、櫨屋敷の敷地内に植樹された櫨の樹を見学されました。

櫨キャンドルづくり体験17


櫨キャンドルづくり体験22
ご参加のみなさんは、とても楽しかったと満足げのご様子でした。制作したモノを持ち帰れるのも魅力のひとつ。やっぱり「ものづくり」は楽しいですよね。また、そういう手仕事がお好きな方が参加されるので、ご一緒された方々はすぐに仲良く打ち解けられ、和やかな時間を過ごされたと思います。

矢野さん、スタッフのみなさん、お疲れさまでした。
(posted by hotomeki)

 松山櫨復活委員会ホームページ
 久留米絣工房 かすりの里 坂田織物ホームページ


2011年春のまち旅 実施レポート

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/913-53ffdef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)