2017年秋のまち旅ガイドブック作成中!もう少しお待ちくださいね。いつでもまち旅は参加受付中です。

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


58.椿オイルから保湿クリームづくりレポート II 

2011年春の久留米まち旅博覧会/実施レポート

3/21 (祝・月)に開催された「58.椿オイルから保湿クリームづくり」は、まち旅事務局のリサちゃんが
レポートしてくれましたが、ナビゲーターのelsterさんも、参加レポートをブログにアップされてますので、
こちらでもご紹介します。



松山櫨(はぜ)復活奮闘日記・・・久留米まち旅・椿油で保湿クリーム作り

2011.3/21 (祝・月)、今日は久留米のふれあい農業公園研修室で「椿油で保湿クリーム作り」がありました。
最初に楠本博士から椿油についての講義を聴きました。

elsterさんの「椿オイルから保湿クリームづくり」2

成分の話など、私たち素人にわかりやすく話して下さいました。
椿油の豊富なオレイン酸はオリーブ油とほぼ同等で、将来性があるんだなぁと納得しました。
アロマテラピーの黒川さんのアロマの話を聞いて、実践です。

椿油を使って保湿クリームを作ります。

elsterさんの「椿オイルから保湿クリームづくり」

え~、一般の方はファーナスペレットを使いましたが、私はもちろん櫨蝋からできる白蝋ですよ。
持ち込みを許されて湯煎です。

小郡の荒巻養蜂場の方も一緒に来られていて、こちらは蜜蝋。二人でせっせと湯煎します。
白蝋はすぐに溶けたんですが、蜜蝋は融点の高さからしばらく溶けるのに時間がかかってました。
こういうのも特徴の違いですね。

elsterさんの「椿オイルから保湿クリームづくり」3

椿油とお気に入りのアロマ精油を入れて湯煎しながら攪拌します。
なかなか普段できないことをやってみるのは面白いですね。

elsterさんの「椿オイルから保湿クリームづくり」4

できた!
右が蜜蝋入り保湿クリーム。左が白蝋入り保湿クリーム。

同じ割合で作ったら、柔らかさが全然違いました。化学の実験みたいです。

う~む。いろいろと発見がありました。櫨蝋の可能性をまた広げた一日です。(posted by elster)



さすが、櫨のスペシャリストならではのエントリー! elsterさん、ありがとうございました。

58.椿オイルから保湿クリームづくり ・・・リサちゃんのレポート
松山櫨(はぜ)復活奮闘日記・・・久留米まち旅・椿油で保湿クリーム作り

2011年春のまち旅概要予約方法プログラム一覧まち旅カレンダー実施レポート

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/901-40a560d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)