2017年秋のまち旅ガイドブック作成中!もう少しお待ちくださいね。いつでもまち旅は参加受付中です。

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


石橋文化センターのつばき園 

3/10に開催された「57.つばき園散策&温泉で苔玉づくり」で散策した「石橋文化センターのつばき園」。
ツバキの花がたくさんある場所は、表玄関から入ると一番奥の「坂本繁二郎アトリエ」周辺にあります。
あんなに多くの種類のツバキを、市中心部で見れるのはありがたいですね。
種類が多いので花の盛りというのは難しいけで、とてもきれいでしたから、どうぞお出かけ下さい。

石橋文化センターのツバキ12


石橋文化センターのつばき園は、約260品種1,500本のつばきを5つのテーマごとに植栽し、多種多様なツバキを紹介しています。2010年に久留米市で開催された国際ツバキ会議において、「国際優秀つばき園」にも認定されました。ツバキは品種により開花時期が異なりますが、11月頃から咲き始め、多くの品種が開花するのは3月頃です。ひとつひとつ趣きの異なるツバキの魅力をお楽しみください。案内板より転載

クリックすると大きな画像で表示されます。
文化センター花マップ文化センターつばき園マップ


「国際優秀つばき園」に認定されたのは、久留米市草野町にある「久留米つばき園」と文化センターの二ヶ所。
現在世界で17箇所認定されている中で、日本で認定されているのは久留米市の2箇所を含めた4箇所
(平成23年2月時点)だそうです。すごいですね~、 「つばきの町・久留米」

石橋文化センターのツバキ1石橋文化センターのツバキ2


これらのつばきには、それぞれ名前プレートがついていて、それが、とっても風情ある名前ばかりなんです。
書き写してこなかったけど、中には「婆の木」なんてのもあって親しみが湧きました・・・

石橋文化センターのツバキ3石橋文化センターのツバキ4


石橋文化センターのツバキ7
文化センターはツバキの他にもサザンカやパンジー、梅の花もきれいでした。
春のまち旅プログラム、「57つばき園散策&温泉で苔玉づくり」は4/29に追加開催されますので、どうぞお申し込み下さい。

3/26 (土) 石橋文化センターで開催の、久留米が生んだ二大画家の魅力を満開の桜とともに堪能できるツアー「2.青木繁と坂本繁二郎の世界」は残席わずかです。お問い合わせください。

久留米つばき「正義」の里、草野町で開催の
「58.椿オイルから保湿クリームづくり」は、
3/21 (祝・月) 10:00からです。まだ予約できますのでご参加下さいね。hotomeki
※開催は終了しました




2011年春のまち旅概要予約方法プログラム一覧まち旅カレンダー実施レポート

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/865-669c8c85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)