2017年秋のまち旅ガイドブック作成中!もう少しお待ちくださいね。いつでもまち旅は参加受付中です。

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


50.六ツ門お宝発見ツアー 

みんくる前地図 QRコード 2011年春の久留米まち旅博覧会/地酒とB級グルメのまち旅 P26

六ツ門を達人と歩けば
50 六ツ門お宝発見ツアー  

4/9 (土) 11:00~15:00( 受付10:30) ※開催は終了しました

お宝発見ツアー久留米六ツ門に眠るお宝を再発見するツアー。
創業100 年以上の老舗、昭和名残の路地裏を巡り、
最後に久留米独特魚屋兼居酒屋のしげなが鮮魚店で
食事という、「久留米の久留米たるところ」を、達
人の案内でゆっくりと堪能していただきます。

集合場所/市民サポートセンター みんくる前(六ツ門大学)
アクセス/久留米市六ツ門7-12
料金/ 2,500 円( 食事付)
定員/ 20 名  所要時間/約3 時間

スケジュール/よしの園でのお茶体験→宗野希少ジュエリーコレクション展→しげなが鮮魚での会食。
新鮮な魚でお腹一杯!

● 予約先/くるめすたいる TEL 0942-37-1439 実施日の5 日前までに要予約


青ラインクレヨン

商都の歴史を見守る六角堂広場

六角堂広場


六ツ門交差点から西鉄久留米駅まで、六ツ門商店街、六ツ門あけぼの商店街、二番街商店街、一番街商店街、西鉄駅前商店街と続く久留米の商店街。その途中にある「六角堂広場」の名前の由来となったのは、同地にあった戦後の商都・久留米のシンボル「六角堂」でした。その形を京都の六角堂にならい、戦後の久留米のあけぼの商店街の中心として、祭りや街頭テレビなどで賑わっていた六角堂。しかしいつしか取り壊され、商店街は二度の大火に見舞われました。そこで、憩いの場所として蘇ったのが「六角堂広場」。20 万人が来場したB-1 グランプリなど、久留米のイベントの中心地としても愛されています。商店街でお買い物して、ちょっと一休みはいかがですか。

 2011年4月9日実施の様子をハマちゃんのレポートでご覧下さい。


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/801-8c96754f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)