FC2ブログ

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

32.アートな写経画と精進料理 

善福寺地図 QRコード2011年春の久留米まち旅博覧会/歴史と寺社のまち旅 P18

寺町で精神静かに写経体験
32 アートな写経画と精進料理   ※開催は終了しました


※ 4/20(水)10:00~13:00 追加開催につき、ご予約受付中です。

アートな写経画と精進料理1
3/14 (月)・ 4/19 (火) 10:00~13:00

17もの寺院が立ち並ぶ寺町の一角にある浄土宗寺院・
「藤林山善福寺」。画家・古賀春江の生家としても知ら
れた寺院です。春のまち旅で体験するのは、副住職でも
あり画家としても活躍されている「はなだひろゆき氏」
の手ほどきによる「写経の概念を覆す写経画!」
お昼は心づくしの精進料理をお楽しみ下さい。古賀春江
の絵も特別展示されます。



集合場所・会場/善福寺(久留米市寺町68)
※ 西鉄久留米駅から850m・徒歩約10 分
※ 西鉄櫛原駅から500m・徒歩約6 分
※ 善福寺に駐車場もございます。
料金/ 3,300 円(精進料理の昼食付)
定員/各25 名(中学生以上)  所要時間/約3 時間

※ デザインした用紙に写経します。筆ペンや毛筆をご持参ください。
※ 篆刻(印)などをお持ちの方はご持参下さい。
※ 正座できない方には椅子をご用意しますのでお申し出ください。
写経体験


ご予約は、実施日の 1週間 前までに、まち旅事務局までお電話で TEL 0942-31-1730



昨年、久留米市の石橋美術館で『新しい神話がはじまる。古賀春江の全貌』が開催された。
「古賀春江」は大正期に活躍した日本の前衛絵画の旗手。春江という名は女性っぽいが男性である。
本名は亀雄(よしお)。後に僧籍に入り「古賀良昌」と改名したそうだ。古賀春江は善福寺の住職
(古賀正順)の長男として生まれ、17才で上京後、おもに二科会で活躍した。
昨年は坂本繁二郎の生家が公開され、今年は石橋美術館で青木繁の没後100年展、高島野十郎の里帰
り展もある。久留米の偉大なアーチスト達に思いを馳せる一年となりそうだ。
その古賀春江の生家・善福寺での「まち旅」。精神(こころ)静かに写経体験してみましょう。

作品例
※ 作品例。額縁は参加費に含まれておりません



矢印142011年春「アートな写経画と精進料理」の実施レポートをアップしました。 3/14 4/194/20

善福寺で写経体験8


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/783-4afb535e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)