2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

30.自分色の藍染めに櫨キャンドルを灯して 

櫨屋敷 QRコード2011年春の久留米まち旅博覧会/伝統とものづくりのまち旅 P15

ちっごの櫨と藍の魅力を知る
30 自分色の藍染めに櫨キャンドルを灯して  

4/17 (日)・ 4/18 (月) 10:00~13:30 ※開催は終了しました

春の「櫨屋敷」の庭は、青い空と耳納連山を背景に黄色い菜の花が一面に咲いています。
屋敷内では本格的な和ろうそくの芯から櫨キャンドルを作るほか、伝統的な久留米絣の
織元「坂田織物」さんの指導により、テーブルセンターの藍染め体験を行います。

松山櫨復活委員会 矢野さんs 講師
坂田憲子(坂田織物)「筑後もめん」を使った伝統的久留米絣の織元。
矢野真由美(ちくご松山櫨復活委員会)田主丸で生まれた松山櫨の復活を
  目指した活動として、植樹と櫨を使った商品開発に取り組んでいる。



集合場所・会場/櫨屋敷
アクセス/久留米市田主丸町野田1648
料金/ 3,700 円(昼食付)
※参加費は事前に郵便振込みとなります。
定員/各10 名
所要時間/約3 時間半

予約先 久留米まち旅博覧会事務局
TEL 0942-31-1730 実施日の3日前までに要予約

2010年秋のまち旅で実施したレポートも見てね。
allowb芯からつくる櫨キャンドルと山野草のプチ生け花

allowb松山櫨復活委員会ホームページ >>
30櫨キャンドルづくり体験





 2011年4月18日、春のまち旅「キャンドルづくり」が開催されました。レポートを見てね。

ナビゲーターの矢野さんが、今回の藍染体験をしてくださる「坂田織物」さんを訪ねてこられました。

「炎を見る時、人は何をそこに見いだすのでしょう。」
櫨の炎は、静かに揺らぎながら、私たちの心の奥底に燃える火を映しだしてくれます。
今回のまち旅プログラムでは、好評となった本格的な和ろうそくの芯から櫨キャンドルを作るほか、
伝統的な久留米絣の織元「坂田織物」さんの指導により、テーブルセンターの藍染め体験を行います。
続きはクリック!

藍の花


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/781-3285b4e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

春のまち旅_自分色の藍染めに櫨キャンドルを灯して

久留米まち旅オフィシャルブログでついに公開されました! 30 自分色の藍染めに櫨キャンドルを灯して 炎を見る時、人は何をそこに見いだすのでしょう。 櫨の炎は、静かに揺らぎながら、私たちの心の奥底に燃える火を映しだしてくれます。 今回のまち旅プログラムでは...

松山櫨(はぜ)復活奮闘日記 | 2011/01/31 21:42

2011春のまち旅_櫨と藍の間柄

今月22日から予約が行われる2011春の久留米まち旅。 今日は久留米市役所くるみホールでキックオフがあり、市長も挨拶されました。 さて、今回のプログラムは「自分色の藍染めに櫨キャンドルを灯して」 実は筑後地域における櫨と久留米絣に使われる藍は、深い関係があり...

松山櫨(はぜ)復活奮闘日記 | 2011/02/02 06:03