FC2ブログ

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

1.青木繁と坂本繁二郎の世界 

文化センター地図 QRコート゜2011年春のまち旅博覧会/芸術のまち旅 P6

芸術とお香を桜の中で
1 青木繁と坂本繁二郎の世界   

2011年 3/26 (土)  10:00~13:00

2011年春のまち旅の開催は終了しました。ご参加ありがとうございました。



SAKURA 文香づくり
久留米が生んだ二大画家の魅力を、満開の桜とともに堪能できる贅沢なツアーです。美術館のスタッフの解説のもと、石橋美術館特別展「青木繁展」、文化センター内に移築された「坂本繁二郎旧アトリエ」をじっくりと堪能したあとは、手紙に添えて思いとともに香りを届ける桜の香りの「文香」づくりを楽しみます。お昼には、石橋文化センターSAKURAまつり名物「SAKURA弁当」を満開の桜の下でどうぞ。

集合場所/石橋文化センター正門前
会場/石橋文化センター・石橋美術館
アクセス/久留米市野中町1015



 料金/2,300円(お弁当・入館料含む)
 定員/10名 ※最小催行人数5名
 所要時間/約3時間 ※はさみ持参
 スケジュール/10:00石橋文化センター正門前集合→10:15石橋美術館見学→11:00坂本繁二郎旧アトリエ見学→11:20桜のお香作り→12:00SAKURA弁当~お花見→13:00終了
sakura弁当


 予約先/石橋文化センター内 (財)久留米文化振興会

0942-33-2271 (月曜定休) 実施日の3日前までに要予約


石橋文化センターでは第1回まち旅博覧会から多彩なプログラムが実施され、毎回人気のツアーとなっております。早めに満席になってしまう場合がございますので、参加ご希望の方は予約開始初日のお電話がオススメ!

石橋文化センターで実施の過去プログラム

allowパープル同じ3月26日 PM18:30から開催の「NO.39 花の露を味わいつくす角打ち」も合わせてオススメ!
allowパープル芸術の街久留米!今年の石橋美術館の展示はお見逃しなく~。 

 見逃せない今年の美術展

芸術のまち旅芸術のまち旅の中表紙の絵は、明治15 年(1882)に久留米に生まれた洋画家、青木繁の「わだつみいろこの宮」。神秘的な生命の躍動を描きあげた「海の幸」とともに、日本の絵画史を代表する名作です。経済的な不遇や強すぎる自負心によって、時に天才、時に狂気と称され、無軌道な暮らしに命を削り28 歳の若さで夭折した青木。その死後、坂本繁二郎がブリヂストン創設者である石橋正二郎氏に作品の収集を願ったことが、石橋美術館設立のきっかけとなりました。今年は、その没後100 年。3 月から石橋美術館で青木繁展が行われます。書簡などの貴重な資料とともに、その波乱に富んだ生涯を鮮明に描き出す36 年ぶりの大回顧展。そして、7 月〜8 月には、透徹した精神性で写実を追求し、画壇とも一切関わらず孤高の人生を送った島野十郎の里帰り展も開催されます。どうぞお楽しみに。


石橋文化センターのホームページへ / 石橋美術館のホームページへ

春の石橋文化センター


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/740-4e234076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)