2017年秋のまち旅ガイドブック作成中!もう少しお待ちくださいね。いつでもまち旅は参加受付中です。

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


職人と一からつくる 白い籃胎「Ran-dish]レポート 

2010年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

10/22に実施された、「№28 職人と一からつくる 白い籃胎「Ran-dish]」を、
事務局から hama がレポートします。

職人と一からつくる籃胎漆器 わんちゃん秋晴れのさわやかな午後、
久留米市原古賀町の「末吉籃胎漆器製作所」に、
参加者のみなさんが 「こんにちは~」
看板犬のまるちゃんが「 いらっしゃ~い」
末吉ご夫妻も仲良く出迎え。

希望する「Ran-dish]の大きさを各自決めて、
さあ始まりです。


「末吉籃胎漆器製作所」の末吉さん

職人と一からつくる籃胎漆器 末吉さん


職人と一からつくる籃胎漆器製作体験1「ようこそおいでいただきました。
楽しく作っていきましょう!」
竹は九州の真竹。防腐剤、防カビ剤も使っていません
の で安心です。と竹へのこだわりをお話いただきました。
次は、竹ひご作りを一人ひとり体験します。

竹のいい香りがしてきました。
「かぐや姫はこの香りをかいで育ったんでしょうね~」
と、さらりとご主人のギャグ。


次は奥様が竹ひご編みのご指導です。「ひごを9本手に持って、この表の順番で編んでいきますよ~」
3上 3下 3上 3下… 暗号が並びます。そのうちテーブルに置いて編んでいきます。
今日はアジロ編みに挑戦してもらってます。きれいな斜めの線が特徴です。

職人と一からつくる籃胎漆器製作体験2職人と一からつくる籃胎漆器製作体験3


職人と一からつくる籃胎漆器製作体験5 休憩にはお茶とお菓子をいただきホッと一息。
どんどん上達していく参加者のみなさん、「今日の参加
の方はうまいですね!」と末吉さんも驚いてありました。
楽しい時間はあっという間に終わってしまいます。
長方形に編み上げた竹ひごに名前を書いて終了。

このあと、まだまだ何段階も行程があるそうですが
それは末吉さんが!!出来上がりがまた楽しみです。


職人と一からつくる籃胎漆器製作体験6


「是非みなさん遊びに来てください。いつでもここで作業してますので 気楽にお寄りください」
と、心温まるご挨拶で締めていただきました。みなさん、お疲れ様でした。 (hama)

「末吉籃胎漆器製作所」白い籃胎 Ran-dish

白い籃胎「Ran-dish]


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/639-a845e636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)