2017年秋のまち旅ガイドブック作成中!もう少しお待ちくださいね。いつでもまち旅は参加受付中です。

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


八女のちょぼくれ 2010 

去年に続いて、2010年9月17日(金)~18日(土)、和蝋燭の灯りで舞う「八女のちょぼくれ」があります。

松山櫨復活委員会矢野さん34.芯からつくる櫨キャンドルと 山野草のプチ生け花の、
まち旅ナビゲーター・「松山櫨復活委員会」の elster です。

いよいよ「八女のちょぼくれ」まで一週間となり、ただいまチケットも好評発売中。
今年も和蝋燭のみで舞う花柳寿寛氏が来られて、光と闇の世界を作り出します。


八女のちょぼくれ 2010


昨年、ゼロというかマイナスの状態から始まった八女学院高校の生徒たちによる「ちょぼくれ」は、
今年は非常にパワーアップして生徒たちも振り付けを提案するなど、やる気まんまんで、こちらの方
がびっくりする程です。やはり継続というのは大切なんだなと心から思いました。

昨年はとにかく何もかも初めてだったので、いろんな反省点がありましたが、今年は二回目ですし、
できるだけ公演をスムーズに上演できるよう、私も裏方スタッフとしてがんばらくなちゃと気を引き
締めています。

舞台はお寺の本堂ですから、入場者数はわずか60席しかありません。

間近になるとチケットが売り切れる恐れがあります。できるだけチケットはお早めにお問い合せください。
チケットのお問い合せ先は、八女市横町町家交流館 TEL 0943-23-4311

● 松山櫨復活委員会の公式サイト で チラシの表裏 PDFファイルを見ることができます。 posted by elster

八女のちょぼくれ10

コメントありがとうございます

  八女       | URL | アグネス | 2010/09/10 * 編集 *

皆様 

はじめまして!

若松おバカネットのアグネスと申します!

「八女」という言葉に反応しました!!

祖母の故郷が八女で、いつも祖母にくっついてまわって、絵に描いたようなおばあちゃん子だった私は、八女にとても愛着があるんです。

毎年、夏休みに、祖母に連れられ、八女に遊びに行っていました。

羽犬塚駅とか、とてもとても懐かしいです。

八女に行く途中の電車から、いつも、久留米の大観音像を見て、近くで見てみたいと憧れ続けていました。

私たち、若松おバカネットも、着地型観光の取り組みを始めようとしているところなので、ぜひいろいろ教えてください!

よろしくお願いします!!



  よろしくお願いします       | URL | elster | 2010/09/10 * 編集 *

こんにちは。
若松おバカネット…!
その衝撃的な名前に反応しました。
こちらこそよろしくお願いします。
ぜひ八女にいらしてくださいね~。

  ようこそ       | URL | hotomeki@管理人 | 2010/09/10 * 編集 *

アグネス様、リンクと訪問、ほんなこてありがとうございます。感謝、感謝。

このブログには、これまで久留米市以外の観光情報サイトへのリンクリストがなかったので、
「観光情報満載ウェブサイト」と名称変更して、
「若松おバカネット」様と、「大川まちの駅」様をリンクさせて頂きました。
これからも、地元の町を応援するブログやHPを掲載したいと思います。

大川市や吉井町、八女福島の町並みはいいですよね~、
今年も、9/24・25・26日、「あかりとちゃっぽんぽん」がありますよ。
八女福島の燈籠人形も毎年見に行ってます。

おばあちゃまの思い出とともに、お祭に合わせて行ってみられませんか。
心あたたまる、ばりよかイベントです。

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/569-ab3ac99e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)