『いつでもまち旅2017年4月~9月公式ガイドブック』完成まであと少し!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


59.ほとめき歩き 荘島 編 

2010年秋の久留米まち旅博覧会/久留米の秋 ほとめき歩き

59 懐かしくあったかい昭和レトロの街「荘島」 ※開催は終了しました


街のあちこちに見えるレトロな建物や、子供時分に広く感じていた街の路地裏。普段は気にも留めない
風景も、改めて歩くと妙に懐かしい…。そんな街「荘島」を散策するコースです。

ほとめき歩き ボランティアガイドさん


11/13(土) 荘島コース・約4km

 場所/ 久留米市役所1階ロビー
 集合時間/9:30 受付開始、10:00 出発
 定員/ 15 名 所要時間/約2 時間
 料金/ 500 円(おもてなし・保険料含む) ※小学生以下無料
 予約先/久留米まち旅博覧会事務局 TEL 0942-31-1730 実施日の3 日前までに要予約


まち旅概要  まち旅の予約方法  プログラム一覧  まち旅カレンダー



荒木さん1ナビゲーターの「荒木」です。
追加で荘島まち歩きの詳細をご案内します。
昔の路地裏がそのまま残る荘島は、
なぜか ほっ とする時間が流れる街。
ココロなごむ荘島散策、懐かしい昭和へと、
一緒にタイムスリップしてみませんか。


江戸時代から数々の偉人を輩出してきた荘島の街には、今でも青木繁旧居をはじめ、たくさんの史跡に触れることができます。まずは、地元のガイドと一緒に久留米市役所を出発。三本松公園から本町ロータリー、創業200年有馬藩御用菓子の「阿わやおこし志本舗」、迷宮ラビリンス・明治商店街へと歩き、次に荘島小学校から荘島の路地裏へ。青木繁旧居で一休みしたら、ロダン作のバルザック像を見学。手作り釜炊きの「石橋甘納豆」ではお楽しみ試食体験があります。

不思議な路地「七曲」を通り抜け、「つきほし歴史館」では、南極観測隊使用のブーツや珍しいシューズを見学。そして、荘島ほとめき歩きの最後は、「焼けずの阿弥陀様」で有名な妙泉寺にて静かな時間を過ごし市役所に戻ります。 ぜひお越し下さい。お待ちしています。


荘島ほとめき歩き600


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/553-3539587d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)