2017年秋のまち旅ガイドブックが完成しました。どうぞ、お気に入りのプログラムを探してくださいね

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

38.久留米の悠久の歴史に思いを馳せる 

2010年秋の久留米まち旅博覧会/寺社のまち旅

38 紅葉の久留米城 有馬記念館堪能の旅  ※開催は終了しました

9/22 追記 / たくさんの方にご予約頂き、ありがとうございます。
予約開始初日に満席となり、キャンセル待ちの方もいらっしゃることから、
翌12月12日(日)に同じ内容で実施することになりました。お電話でお申し込みください。


紅葉美しい久留米城跡と、悠々たる筑後川の景色、リニューアルした有馬記念館を、専門員によ
る久留米(有馬藩)の歴史ガイドに耳を傾けながら楽しむひととき。お昼は、有馬記念館特製の
「信玄弁当」を、眺めのいい喫茶室でいただきます。そして、茶室ではお抹茶。
茶道を愛した代々有馬藩主の伝統と、思いにふれるひとときです。希望者には城内をご案内。


12/11(土)・12/12(日) 11:00~13:00


篠山城
 集合場所/有馬記念館(駐車場あり)
 アクセス/久留米市篠山町444
 料金/ 2,100 円 ( 信玄弁当・抹茶付、入館料含む )
 定員/ 15 名( 最小催行人数5 名 ) 所要時間/約2 時間

 予約先/有馬記念館 TEL 0942-33-3030
  実施日の3 日前までに要予約
  受付/ 10:00~17:00(火曜定休)




久留米の和菓子 お茶文化を広めた 代々有馬藩主

  川上不白(1716-1807) は、江戸の時代を生きた武家と町人にも茶道
  を広めた千家流の茶人です。人気を博した不白の茶は、江戸に集ま
  る大名達にも受け入れられ、その中に有馬藩がありました。筑後一
  円で今も営まれる窯元やお茶の産地、数多い和菓子屋などは、国元
  でさらに広がりを見せた茶の湯文化によるもの。ちなみに、その末
  裔で、日本中央競馬会理事長に就任した第14 代有馬頼寧氏が、世
  界初のファン投票レースを提案した功績を称えたのが「有馬記念」。
  有馬藩の系譜は、日本の文化にさまざまな足跡を残しています。




2010年9月13日 >>
マスコミ招聘のモニターツアーに参加して、リニューアル前の有馬記念館を見学してきました。
「信玄弁当」も、お茶室での抹茶接待も、きっと、あなたの心に響くはず。ご参加くださいね~!

有馬記念館お茶室

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/532-ae15e812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)