2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

石兆亭に行ってきました 庭園編 

ナビゲーターのelsterです。
今年の「久留米まち旅博覧会」のメニューの一つに、
田主丸町にある季節料理の店・石兆亭さんが会場となるプランがあります。
今日は石兆亭さんを訪ねてきましたのでお店をご紹介します。

耳納山の中腹、山苞の道沿いの看板からずっと中へ入っていき、駐車場に車を停めると、
もうそこは緑に囲まれた石兆亭の世界です。

玄関まで


お店の横には竹林を抜けて谷川が流れています。

庭04


これぞあの有名な耳納山のエグ水が上流から流れてきているのです。
蛍の季節にはたくさんの蛍が飛び回っていたそうです。店に入る前に、庭園を見せてもらいました。

庭01


こうして見ると、建物が木々に抱かれているような感じですね。
ここは過去に台風が来たときも、ほとんど被害がなかったのだそうです。

庭03

暑い日でしたが、木々の間は涼しくて気分もリフレッシュしてきました。
さらに庭園の奥に行くと、石碑が建てられていました。

庭02


「生きるんだよ」という文字。そしてその奥には感動的な詩碑があります。
読んでいると、しみじみと心を打つものがあります。
この詩碑はぜひみなさんも実際に見てみてくださいね。

この詩碑のあたりはマイナスイオンが非常によく出ているそうで、
散策しているだけで、落ち着いた気持ちになってきます。

耳納山の北側は強い上昇気流があって、ハングライダーやパラグライダーの名所なんですが、
この上昇気流は人間にも大きな影響を及ぼしているのではないかと言われています。
そういえば、困難を乗り越えて巨峰が根付いた最初の場所でもありますね。

ここに来ると山から元気になる上昇気流を浴びて、それが周囲の人へと広がっていくような感じです。
日常生活のストレスや悩みでお疲れ気味の方は、ぜひこちらに立ち寄ってはいかがでしょう。

 次ページはその上昇気流と美味しいエグ水を使ったお料理編!  >


コメントありがとうございます

  石兆亭でランチしたい       | URL | hotomeki | 2009/08/08 * 編集 *

>elsterさん、まさにヒーリングスポットですね♪
耳納連山を眺めるだけでも癒されてますが、
こんなに緑に囲まれたマイナスイオンたっぷりの場所で食事できるなんていいな!
ところで、エグ水って、えぐいのかしら・・・・e-330

  エグ水のなぞ       | URL | elster | 2009/08/09 * 編集 *

hotomekiさん
エグ水って、名前がエグそうな、まずそうな感じですけど、これには深~い?ワケがあるみたいですよ。その話も、次回レポートしますね!

         | URL | hotomeki | 2009/08/09 * 編集 *

おっ、それはよろしくお願いします。v-238

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/53-697cfc53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)