2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

27.彩美しい草野の晩秋 

2010年秋の久留米まち旅博覧会/農と食スローなまち旅

27 ツバキウォークと ツバキ油リップクリームづくり ※開催は終了しました


ツバキ
草野校区ほとめき歩きの会代表の大塚寿美子さんのご案内で、「山辺道文化館」から、秋の草野の道を歩いて「久留米つばき園」へ。「久留米つばき園」ではツバキやサザンカをご案内します。「山辺道文化館」に戻った後は、生物食品研究所より農学博士の楠本賢一さんをお招きし、ツバキ油の効用を学びます。ツバキ油でつくるリップクリームと、オイルハンドマッサージの実技指導は、アロマコーチの黒川知美さん。お茶を飲みながら、久留米つばきの魅力について語らいましょう。

12/12 (日) 13:00 ~ 15:30



 集合場所・会場/山辺道文化館  アクセス/久留米市草野町草野487-1
 料金/ 2,300 円  定員/ 18 名 所要時間/約2 時間半
 予約先/山辺道文化館 TEL 0942-47-3015
 受付時間/ 10:00 ~ 17:00(月曜定休)実施日の3 日前までに要予約 



 10/27 ナビゲーターemikoからプログラムの楽しい追加情報をお知らせします。

サザンカ、サザンカ咲いた道、焚火だ焚火だ落ち葉焚き~♪

急に寒くなって来ましたね。
一足飛びに冬って感じの木枯らしが~。

みなさん、風邪ひいてませんか。
早速、一発で風邪ひいちゃった ナビゲーターのemikoです。
鼻水がでます、ううう。困ったもんだ。

山辺道つばき1

この歌にも出てくるサザンカって、いつ咲くか知ってますか?

実は、早いものでは10月から咲いているんです。

山辺道耳納連山1

耳納北麓には、有名なサザンカ自生地があり、
長岩山のあたり(草野町吉木)は、6千株ものサザンカが群生してるんですって。
で、別名 サザンカ山

(サザンカ山は11月が見頃で、賑わうらしいですが、
残念ながら、私、まだ見頃に行ったことありません。すみません。 今年は行くぞ~。
ちなみに、言い訳ながら、隠れサザンカ好きの我が家の生垣はサザンカ。
いつもは、自分の家で花見してます。しょぼいですかね?)

おっと、脱線。

で、これから寒くなるにつれ、どんどん花が咲き始めるのが
サザンカ・つばき。

そこで、春が来る前に、まず咲き始めのツバキを楽しもうというプログラムが
12/12(日)開催の 「27 ツバキウォークとツバキ油リップクリームづくり」 です。

山辺道外観1
集合は、山辺道文化館

会場の都合で、18名定員だったのですが、早々に満員になったので、

★ もっと、会場に机を入れちゃおうぜ ★

と、館長さんが 追加名。を決めてくれました。
ということで、ちょっとだけ追加募集のお知らせです。

山辺道つばき園景色1

山辺道講師1
これはね、ナビゲーターの事前打ち合わせ。左から、黒川さん、大塚さん、久富さん

ここは、500品種2000本のツバキが植えられている『久留米つばき園』。
夏の風景なので、さすがにツバキ咲いてません・・ゴメンナサイ。

名物ガイド・大塚さん(中央)の案内で、つばき園を歩き、名木を鑑賞します。
そして、久富さんの(右)ハウスも見学させてもらいます。
(これはプログラムには書いてなかったけど、久富さんにお願いして追加することになりました)

山辺道ハウス1
久富さんのハウス。 珍しいツバキが咲いている

お二人ともオシャベリがすごく面白いので当日のお話がとても楽しみ~~♪

 そして、山辺道文化館に帰ったら、ティータイム。
続けて、椿オイルのお勉強をします。
久留米にある生物食品研究所の楠本賢一博士が、
美容と健康に椿オイルがどんなに素晴しいか!感動のお話をしてくれます。
(中身は、実施後に紹介しますね。)

男前・楠本博士には、それはファンが多いんですよ。
プログラムに参加できる人は、目の前でお話が聞けてラッキーですね~!!
カメラ持参をおすすめします。

で、その後、癒しの時間に入ります。
アロマコーチの黒川知美さんを迎え、椿オイルのアロマ・ハンドマッサージとリップクリームづくり。

貴重なピュア椿オイルで、マッサージできるなんて、なーーんて贅沢。
椿オイルは保湿性が高いので、終わった後のお肌しっとり感は、
もう、こたえられません。

そして、食用にもできる椿オイルで作る安心コスメ作り。

山辺道リップクリーム1
右手に持っている、リップクリームを作ります。(左手は原料の椿オイル)

マイ手作りリップクリーム。
これからの乾燥の季節、きっと手離せなくなりますよ。

私は、このリップクリーム作りをしっかり覚えて帰って
リップクリームを売るほど作りたいと思います
エステやコスメでも、かなりイケル椿。椿の魅力を堪能して帰ってください。

と、以上 プログラムのご紹介でした。 (emiko)

● 残席わずかにつき早いもの勝ち! 詳細はこちら>
予約先/山辺道文化館 TEL 0942-47-3015  受付時間/ 10:00 ~ 17:00(月曜定休)


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/519-5dd97daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)