お待たせしました。『いつでもまち旅4月~9月』公式ガイドブック 完成です!

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


19.富有柿の歴史ある産地・田主丸で柿狩り 

2010年秋の久留米まち旅博覧会/農と食スローなまち旅

19 柿の王様「富有柿」狩りと 生芋こんにゃくづくり

※開催は終了しました

太陽の光をいっぱい受けて輝く富有柿の畑。ご夫婦の温かな雰囲気で人気の観光柿園「岩佐農園」で、秋
の一日を過ごしてみませんか。岩佐家に伝わる秘伝のこんにゃくづくりは、生芋からつくる本格派です!
柿農家に選ぶコツを聞きながらの旬の柿狩りや、かぼちゃの重さ当てゲームも、どうぞお楽しみに。


こんにゃく作り11/12 (金) 10:00~12:00

 集合場所・会場/岩佐農園
 アクセス/田主丸町益生田211-2

 料金/ 1,800 円(手づくりこんにゃくと柿のお土産付)
 定員/ 12 名 所要時間/約2 時間
 スケジュール(予定)/
 10:00 岩佐農園集合→こんにゃくづくり→柿狩り→ 12:00 頃解散

 予約先/久留米まち旅博覧会事務局 TEL 0942-31-1730 
 実施日の3 日前までに要予約





奇想天外な発想 観光柿狩り

柿狩り昭和の初期、福岡県で初めて富有柿の苗を植えたのは、もともと柿の産地だっ
た田主丸町と草野町です。石だらけの耳納連山北麓を手開墾して石垣を積み、
富有柿の畑へと変えた先代達。そして、今では見慣れた柿狩りのルーツは田主
丸にあります。戦後、田主丸には戦争未亡人となった女性たちの働く場として、
ディズニーの版権をもとにミッキーマウスなどのこけしをつくる「漫画こけし」
の工房がありました。そのお客さんを柿畑へ連れて行き、開植の話を聞いて柿
を持ち帰らせたのが始まり。農業が観光になるという、この奇想天外なアイディ
アは、やがて巨峰狩りとともに高度経済成長期のレジャーブームにのって爆発
的人気となり、今の観光農園の基礎を築いたのです。(参考文献/田主丸ん本)


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/510-ab6ee4cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)