FC2ブログ

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

田主丸 河童明神夏大祭 

毎年8月8日は「九千坊本山 田主丸河童族」主催の河童まつり、「河童明神夏大祭」が、久留米市田主丸町で
開催されています。先日、hotomekiが「田主丸河童族」の例会にオジャマした時も、この大祭についての議案が
盛んに話し合われていました。8日の昼の部は行けなかったけど、夜から出かけてきましたよ。

田主丸かっぱ族 祭りは午前中の神事に始まり、子河童みこしが町内を周って、
午後からは巨瀬川の会場で、水上ブランコやカヌー体験など
の川遊びが行われたそうです。
夜は川に設けられた水上ステージで、県職員から演歌歌手と
なった「牟田礼子」さんの歌謡ステージの後、午後8時から
約20分間、川の中から花火があがりました。

昔、この川には、九十瀬入道という河童の親分がおってな、
平清盛の化身が河童になっとったんじゃと・・・・



九十瀬入道には三千匹もの子飼いの河童がおったそうな。その九十瀬入道が一年に一度の逢瀬を重ねてた、
相手っちゅうんが、水天宮に祀られとる「二位の尼」が化身した女河童げな。
その逢瀬の時になると、巨瀬川は荒れ狂い、雷鳴轟き洪水が起きた。て、隣のじっちゃんがゆうとった・・・


巨瀬川の堤防に延々と描かれた愛らしか「カッパの絵」。
すぐそばに「九十瀬入道」鎮魂の為に建立されたという「河童大明神」があり、御神酒が供えられていました。

田主丸かっぱ族2


「牟田礼子」さんの、水上歌謡ショー

川でコンサート


橋の欄干から水面まで垂らされたブランコが写ってないのが残念!!
普段は陸に上がった河童族も、この日ばかりは川に入ってリラックス。

川で一杯


川の中島から花火が上がります。川を渡るナイアガラの仕掛けがうっすらと。

川の夕暮れ


あっという間に終わるから焦ってしまった花火大会。すぐ近く、数メートルの位置から見れるのがいいね。

花火大会


巨瀬川を渡るナイアガラが美しいーー!

ナイアガラ


終了すると、子ども達に渡された手持ち花火で小さな花火大会。ほのぼのするひとときでした。

花火大会3


単発の小さな花火は写真にするとさびしいけん、思い切って3枚の画像を合わせてみました。
実際はこんな風には見れませんのでご注意下さい。

合成写真につきコピーできません



    「九千坊本山 田主丸河童族」のみなさん、お疲れ様でした。カヌー体験や水遊びの子ども達の、
    楽しそうな様子が、「ちっごの国田主丸の河童ブログ」にアップされています。こちら >


コメントありがとうございます

         | URL | KAPPA | 2010/08/10 * 編集 *

いつも格好よくまとめて紹介ありがとうございます。
あと30分早ければ、鯉こくで接待できたのですが・・・

         | URL | hotomeki | 2010/08/10 * 編集 *

>KAPPAさん、鯉こくですか、それは惜しいことをしました。。。笑
またいつか、鯉とりまーしゃんのランチでもご一緒しましょう。
河童まつりの準備から後片付けまで、本当にお疲れ様でした。

         | URL | としぼう | 2010/08/11 * 編集 *

すばらしい俊か言いようがありません。

情景に写真・・・。

こんな場所があったんですね。

車椅子では・・・ブログでしか味わえない癒し。

毎回有り難うございます。

感謝です。

         | URL | hotomeki | 2010/08/11 * 編集 *

>としぼうさん、お久し振りです。

巨瀬川に集う河童と子河童。
田主丸町ならではの風景に、私も癒されました。
こんな情景がいつまでも続いて欲しいですね。

私こそ、見ていただいてコメントもして頂き感謝です。

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/472-186f836b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)