2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

久大本線南久留米駅 

久大本線の一つ目の「久留米高校前」は昨年3月に開業した新しい駅で、久留米高校や久留米商業高校、
福岡教育大付属小・中などの学生さんが利用されています。
下の画像は、久大本線の二つ目の「南久留米駅」。次の駅は平成12年から開業の久留米大学前です。

南久留米駅ホーム


ホームが一段高くなってるので、駅舎からはトンネルをくぐり階段を登ります。

南久留米駅通路


今では珍しくなった木造の駅舎は1928年開業以来のもので、
現在はJR九州の子会社による業務委託駅だとか。いい雰囲気ありますよね~、
背景のマンションは仕方ないけど、駅舎だけはいつまでもこのままであって欲しいです。

南久留米駅


天井の星1面白いものがあると聞いて探したら、ありました。
駅舎入り口の天井に「星のマーク」!!
真ん中の蛍光灯が残念と思うのは私だけでしょうか。
(むしろスポットライトを当ててもよかっちゃなかやか)

「西国分コミュニティーセンター」でお話を伺いました。
以下、資料から~、

戦時中、南久留米駅は第12師団の兵器輸送駅として重要な
役割を果たしていたが、軍の消滅や自動車社会の発展に伴い、
輸送形態も鉄道からトラックへと移行し、乗客や貨物も減少
して寂れていった。わずかに天井に装飾用として取り付けて
ある陸軍の星のマークや、小駅としては非常に長いプラット
ホームが、昔日の盛況を物語っている。
同駅舎は、昭和初期の木造建築物として、久留米の文化遺産
としても貴重な建物である。



天井の星2


筑後川花火大会ポスター待合室に「筑後川温泉花火大会」のポスターが貼ってありました。7月28日午後6時~(打上開始は午後8時)筑後川温泉横の大石放水路から打ち上げられます。

久留米市周辺の花火大会は、5月の日田市の川開き観光祭や原鶴温泉花火大会から始まり、
7月20日はみやま納涼花火大会
8月1日の船小屋温泉花火大会
8月5日の久留米市の水天宮奉納筑後川花火大会
8月7日の大川花火大会
8月22日の柳川・有明海花火フェスタ
8月29日の田主丸花火大会、
9月15日の久留米市・花火動乱蜂と目白押しです。
去年の失敗を繰り返さんごつ、きれいな花火写真を撮ってみたいと、今からどきどきの hotomekiでした。
久留米の筑後川花火大会にも来て下さいね。 詳細>



コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/436-641cfcd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)