FC2ブログ

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

田主丸町の河童族会議 

全国有数の巨峰の産地・田主丸町で、7月3日、ハウス栽培ものの「観光ブドウ狩り」が始まりました。
露地もののブドウ狩りが始まる8月上旬までの約1カ月間、ハウス内での巨峰狩りが楽しめます。
お値段はキロ当たり2200円と高めばってん、一足先にいかがでしょう。ちなみに8月に入ると安くなり、9月以降になると更に安くなりますが、だんだん品薄になる可能性も・・
お問い合わせは、久留米観光コンベンション国際交流協会田主丸事務所 TEL 0943(72)4956

田主丸駅久留米市田主丸町は「河童の棲む町」
JR久大本線の田主丸駅もカッパです。 ドナルドジャナカトヨ
駅のそばにも、町の中にも、河童の石像がたくさんあり、200年
以上も前の「木造河童立像」も残るほど、昔から田主丸の人と
河童は共存してきたそうな。そして、人なのか、河童なのか、
よぉわからんけど、「河童族」っちゅうもんがおるとげな・・・

田主丸の河童のルーツは二つあるらしい。
一つは、中国から渡来して、熊本県の球磨川に移り住んでいた河童の九千坊一味が、追われて筑後川に
逃げ込んだというもの。もう一つは、壇ノ浦の合戦に敗れた平家一族の怨念が河童に化けて災いを起こ
 したというもので、平清盛は巨瀬入道として祀られているそうです。

田主丸町の河童


河童族のKAPPAさん 7月2日、田主丸河童族の例会に、お邪魔してきました。
(河童族の皆さんは人間に化けてました・・笑)
実は「まち旅」のナビゲーターの中に、河童族がおらすとです。
会議では、河童族主催のイベントの細かな打ち合わせがあり、
8月8日に催される「河童大明神」の大祭に時間が割かれました。
祭りは、河童みこしや花火、カヌーなどの川遊びもあるそうなので
詳細がわかったら、またご案内しますね。

河童族は、昭和30年に作家「火野葦平」との交流から生まれた、
「九千坊本山田主丸河童族」の第二世代です。

26年前から「初代河童族」を引き継ぎ、田主丸町の活性化を目指して活動されています。
現在のメンバーは28名、会長?族長?は、例会でも普通に 頭領 と呼ばれてましたよ。。。

「火野葦平」や「鯉とりま-しゃん」、河童族の由来など、「みのうの豆本」に詳しいので見てね。
思わずサーフィンして時間が足りなくなるほど面白かです。みのうの豆本

河童族の例会


私にとっても田主丸町はお気に入りの場所ばってん、なかなか奥が深かて思います。
2009年の「まち旅博覧会」では、『あなたの知らない世界 河童ミステリーバスツアー』が開催され、
河童族の皆さんが、河童にまつわる珍しい場所を案内して下さいました。
さぁ、今秋の「まち旅」でも「河童族」に出会えるかもしれません。
ガイドブックの仕上がりが楽しみですね。

河童族の皆さん、頭領、ありがとうございました!  posted by hotomeki
 ちっごの国田主丸の河童ブログ >

コメントありがとうございます

  管理人のみ閲覧できます       |  |  | 2010/07/05 * 編集 *

このコメントは管理人のみ閲覧できます

         | URL | hotomeki | 2010/07/05 * 編集 *

>カギコメさん、私こそお世話になりました。またよろしくお願いします。

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/426-bf1b9501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)