FC2ブログ

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

文化センターで感性を磨くまち旅 

2008年の「久留米ほとめきまち旅博覧会」のメニューの一つ。
秋日和、薔薇、満喫体験 アートを楽しむ 優雅なひととき に参加したので、
撮影した写真と共に hotomeki がご紹介します。

文化センターの黄色いバラ■ スケジュール
13時石橋文化センター集合-西洋式庭園の秋バラ鑑賞・レクチャー-美術館スタッフが案内する「イギリス美術」-坂本繁二郎アトリエでのアトリエトーク・お抹茶セット-バラのコサージュ作り体験-解散
■ 日時/2008年11月22日(土)、11月30日(日) 13:00~15:30
■ 定員/20名  ■ 料金/1,800円
■ 所要時間/約2時間半
■ 集合場所/石橋文化センター正門 みどりのリズム前
■ 予約/ 希望日の10日前までに要予約(先着順)


石橋文化センターの美術館やバラ園、坂本繁二郎アトリエを巡りながら約2時間半の体験イベント。
園内は紅葉に彩られ、ローズガーデンはバラの香りに包まれた、まさにグッドタイミングな季節でした。

文化センター 1


文化センターは、図書館や美術館、日本庭園、ローズガーデンなどがある市民の憩いの場。
バラだけでなく、桜やカキツバタ、ショウブ、アジサイなど、四季折々に花も楽しめます。

文化センター 2


こちらがコサージュ作りの会場となる、久留米市出身の画家・坂本繁二郎のアトリエです。

文化センター 5


繁二郎はフランス留学の帰国後に久留米に戻り、1931年に現在の八女市にアトリエを構え、
このアトリエから、「馬シリーズ」や「能面シリーズ」など、数々の名作が生まれました。
アトリエは、1980年に八女市から移築され、園内行事に合わせて特別公開されています。

文化センター 6


文化センター 9


文化センターのローズガーデンから摘まれたバラ。このバラでコサージュを作ります。

バラのコサージュ作り


講師の方からレクチャーを受けながら、和気藹々とした雰囲気でコサージュが作られました。

文化センター 7


造花じゃなくて生きた花ですから、ばさら贅沢!

文化センター 11


お抹茶と和菓子も頂いて、秋日和、薔薇、満喫体験 アートを楽しむ 優雅なひととき でした。

文化センター 10

これだけ楽しんで1,800 円。今年もあるといいですね~
だんだんと今年のプログラム発表の日が近づいてきました。楽しみです~!  by hotomeki


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/40-87fe2de0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)