2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

22.秘伝の黒麹酒と秘密の料理 

昨年秋のまち旅にもご参加いただいた"kana"さんに、4月29日の春のまち旅開催最終日プログラム、
『秘伝の黒麹酒と秘密の料理』をレポートして頂きました。ありがとうございます。



朝からとっても良いお天気で楽しみにしていた酒蔵のプログラムに参加してきました。
タイトルからして気になります。
「三潴の池亀酒造で一体何が・・・ 秘伝の黒麹酒と秘密の料理」
秘密の料理は本当に秘密、いや未確定だったという事実も判明しつつ(笑)
酒蔵で秘密の料理のまち旅をレポートします。

大善寺駅から筑後川を眺めながらタクシーで大善寺にある明治8年創業の池亀酒造へ。
池亀酒造の社長にとっても貴重なお酒づくりの場を案内していただき、
お酒づくりの行程をわかりやすく説明していただきました。

蔵見学2


作業が行われている建物も築年数が結構経っているそうで立派で貴重な柱の数々・・・。
何百年も前の松が柱に使われており、近年の夏の暑さに今も松脂がしたたるそうです。
生きてるんですね~。
麹造りの部屋はなんとなく神聖な雰囲気が漂い、扉の外からの見学です。
こんなに色々な行程を経て美味しいお酒が出来るのですね。

酒蔵2


お酒造りの場を案内していただいた後はお食事の場所である大空間の蔵へ。
 蔵には熊井和彦さんの彫刻が飾られており、とっても素敵な雰囲気です。

蔵


なんと参加者の中に熊井さんの姿!簡単に彫刻について説明していただきました。
とってもラッキー!天井にもステンレスの彫刻がきらきらと風に揺れていました。

熊井和彦さん


熊井和彦さんの彫刻


そして待ちに待った料理の時間です~。
大きな丸いテーブルにはひとりずつ紅いお膳(お膳には池亀酒造の家紋も)が用意されています。

池亀酒造 蔵


器などもとっても素敵で池亀酒造さんが準備されたとのこと。食前酒にはゼリー状の梅酒、
そして池亀酒造ご主人お手製の柚子酒。これがとっても美味です。
お酒に柚子の果汁と氷砂糖を入れたもの。とっても飲みやすい!
日本酒苦手な方もいかがでしょうか、自家製の柚子酒。

池亀酒造 蔵3


お料理のテーマはアメリカへの輸出も決まったという秘伝黒麹仕込みのお酒「黒兜」にあう料理。
これに挑むは福岡市内で「文明開化」というお店を営む川上さん。
火もない蔵で頑張って美味しい料理を準備してくださいました。ありがとうございます!

「文明開化」の川上さん


お酒は焼酎の黒麹菌で仕込んだ珍しい純米吟醸酒。甘い香りと芳醇な旨みと爽快な味わい。
ラベルに書いてあることを要約しましたが、とにかく美味しい!軽く冷えたものをいただきます。
まだ外は明るいというのに美味しいお酒とお料理でぐいぐいすすむ・・・。

池亀酒造 蔵2


お料理は旬のものが食欲をそそる彩りを添え、蒸し器のような木の器に盛られてきます。
ソラマメの炭火焼、お店でも人気らしいポテトサラダ、ふき、竹の子、有明海苔の入った卵焼き、
吉井のリバーワイルドで分けてもらったという人気の赤豚の炭火焼、お釜炊きのふっくらご飯、
箱崎にあるという自然薯のお店から分けてもらったという自然薯をかけていただきました。
この自然薯も粘り気がとにかく凄い!!このほかにも色々ありました!

池亀酒造のお料理


デザートのオーダーは甘酒を使ったデザートということで、チーズケーキ。
とにかく全てが美味しかった・・・。ついつい飲みすぎました(笑)

お食事時にはこれまた参加者にはリュート奏者の方がいらっしゃって音色に酔いしれました。
リュート古楽器の一種で 心地よい音色です。

蔵料理 ぐい飲み


帰りには皆さん、たくさんお買い物!池亀酒造の社長と奥様が丁寧に対応してくださいました。
お酒はもちろん、自家製の奈良漬やつまみの数々。参加者の中には秋のまち旅で拝見したお顔も。
そんな皆様の共通点はやっぱりお酒好き(笑)。
花の露の美酒鍋プログラムやかっぽ酒ツアー参加者の皆さんでした!
お酒好きには見逃せないプログラムですね。

蔵 4


まち旅の良いところは普段は入れないところに入れたり、今回の蔵のように食事ができない場所で
美味しい食事をいただけたり、とあるお店のご主人が出張料理を振舞ってくれたり、他のお店との食材の
コラボレーションがあったりと、まち旅でなければ生まれなかったコラボレーションの数々。
まさに手作りの旅!そしてまち旅参加者との交流ももちろん、とっても贅沢なひとときでした。
関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。そしてまた次の酒蔵プログラムでお会いしましょう  kana

池亀酒造3



"kana"さん、素敵なレポートをありがとうございました。
美味しいお酒とお料理に、音楽や芸術まで楽しめる、素晴らしいプログラムでしたね~

まち旅も、回を重ねる毎に常連さんのお顔を見かけるようになりました。
これからも、どんどんまち旅ファンが増えていくとうれしいです。
秋の酒蔵プログラムのご参加を、またお待ちしていますよ~。本当にありがとうございました。hotomeki


春のまち旅概要  プログラム一覧  まち旅カレンダー  日々のまち旅  実施レポート


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/373-b8018110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)