2017年秋のまち旅ガイドブック作成中!もう少しお待ちくださいね。いつでもまち旅は参加受付中です。

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


かすりの小径散策  

井上伝 久留米絣の始祖・井上伝の菩提寺がある寺町から、日吉町の旧國武絣倉庫まで、
久留米絣にゆかりあるスポットが点在する「かすりの小径」で、4月26日の井上伝
の命日にイベントが催されています。
千栄禅寺で開催された「松枝哲哉氏の講演会」と「絣のファッションショー」に続いて、
かすりの小径を歩いてきました。
普段は気軽に立ち入ることができない寺院でのイベントっていいですよね~~


江戸時代、久留米城防御の役割を担う砦として寺院が集められた寺町。
数多くの先人が眠る17の寺が並ぶ地域には、今も、江戸時代の面影が残っています。

寺町 かすりの小径


絣を着た赤ちゃん小径ギャラリー特別展 「山村健・松枝哲哉二人展」

寺町の善福寺で、久留米絣作家2人の作品が展示されました。山村健氏とは昨年からご縁を頂いて、工房にお邪魔したり、作品展を拝見する機会を得ました。

広川町にある山村氏の『藍染絣工房』 >

お客さんの連れてらした赤ちゃんが可愛いかった~
で、そのお洋服が、かなり高級な久留米絣でしたよ。
ちっちゃな貴女も立派なかすりすと



山村健氏の作品は、モダンな柄と藍色のグラデーションが美しい。

山村健氏の作品


幻想的な柄と色合いの松枝哲哉氏の作品にうっとり。表題を見損ねたので勝手に命名してみました。
「筑後川花火大会」 (全然違ってたらごめんなさい。。。)

松枝哲哉氏の作品


本泰寺では、地場産くるめ・かすりすとの店「くくり家」がオープン

本泰寺


久留米かすりの洋服や小物、ハギレと共に、「くるめ椿オードパルファム」

絣の小物5


かすりデザイナー楢原亜希さんが作るブランド「希」は、絣+異素材とのコラボ作品。
麻や綿との出会いが若々しくて新鮮でした。ぜひ、またお会いしてみたいです。

久留米かすり 希

希3


千歳通りから日吉町へ行く裏通りにある、久留米絣縞卸商協同組合跡で、絣グッズが販売されてました。

久留米絣縞卸商協同組合前にて1


そこには元気な若者たち。いいなぁ~、若い力が心強いです。

久留米絣縞卸商協同組合前にて2


明治の頃にかすりの販売業を起こし、機業王と称された国武喜次郎氏が率いた「国武合名会社」。
その「旧國武絣倉庫」で「かすりのある暮らし展」。

國武倉庫1


こういう機会でもないと、普段は中を見ることができんとです。

國武倉庫

國武倉庫2


さわやかな風に乗って、作品から藍の香りがしてきそうでした。

國武倉庫6


他にも、遍照院ではプロカメラマンによる記念写真撮影、医王寺では、
絣デザイナーの市瀬久美子氏による「まち旅プログラム」も行われました。

新緑

くるめって、よかろ 


コメントありがとうございます

         | URL | May | 2010/05/04 * 編集 *

ご無沙汰しています。
お元気でしょうか?
私も行きましたが、もう少し遅く行っていればお会いできたのでした・・・。
けど、姪っ子のさーちゃんを撮っていただいたんですね。
ありがとうございます。
新緑の伸びと共に、子供の成長の早さに目を見張ります。
私も、色んなところに取材に行きますので、またぜひお会い出来るの楽しみにしています。

         | URL | hotomeki | 2010/05/04 * 編集 *

>Mayさん、ごぶさたしてます。
更なるご活躍を遠くから拝見してますよ~、それに、最近よかことがあったそうですね。
詳しい話を聞きに行かなくちゃですよ。。。笑

あの赤ちゃん、姪っ子ちゃんだったんですか。可愛かったですv-238
テレビ放送、なかなか見れんし、我が家にはビデオっちゅうもんがなくて困ってるんですが、
6日にはなんとか・・・・

NHKBShi 5/6 12:00~、”こんなステキなにっぽんが 

シリーズ家族の風景▽一家で守る絣の手しごと~福岡広川
福岡県広川町で4代続けて「久留米絣(がすり)」を作る山村健さん一家。
工房を裏で支える妻。去年から藍染めを任される長男。熟練の技で織る祖母。
家族の日々を見つめる。
福岡県の南、広大な田園が広がる筑後平野。その一角にある広川町に、
江戸時代から伝わる「久留米絣(がすり)」を力を合わせて作る家族がいる。
4代続く織り元、山村健さん一家だ。両親、妻、長男との3世代5人で、
伝統の手仕事に打ち込んでいる。絣を作るには30以上の工程があり、
家族一人一人が自分の役割を担っている。
久留米絣の伝統を受け継ぐ家族たちの日々の営みを見つめる。
【旅人】大森美香(脚本家・映画監督)

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/371-e30ec230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)