2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

菜の花に桜に 筑後川お花見クルーズ 

「筑後川お花見クルーズ」に参加されたお客様、yumiさんから寄稿して頂きました。感謝、感謝!
プログラムは、菜の花が咲く春の筑後川を、遊覧船「麒麟号」に乗ってクルーズするお弁当つきのプランです。
画像は私の手持ちと、momoさんからの提供で編集しました。ご協力ありがとうございました。



はじめまして。春のまち旅に参加した、yumiです。
3/27(日)は、なぁんか幸せな気分でしたぁ!!
久留米に住んで、50+?年、小さい頃は、筑後川は私たちの庭でした。

筑後川


父に連れられて川魚釣りに、母や姉たちに連れられてと夕日を見たり、
春はれんげや、秋は彼岸花など、お花を摘みにお散歩へ。
また、近所の子供たちみぃ~んなで( 昔は隣近所の子供たちは年齢の上下もなく一緒に遊んでいたよね )
篠山城址の裏からつるに下がってターザンごっこをして、ズルズルと川土手に下り、
川原の畑 ( 昔は誰かが?畑で野菜を作ってあった ) の間を走り回って、 川べりから水の中に降りてみたり、
大きなヘビと出合ったり! と、よく川原で遊んだものだ。

菜の花クルーズ15


そして、小学校の春の遠足は、五郎丸の川土手 ( 今の百年公園辺りかな?! ) でした。

  遠かった~!!

それからは、花火大会に行くぐらいで、足が遠のき車の中からの、菜の花や桜見物くらいでした。

筑後川舟通し


最近になって、百年公園からのリバーウォークなどに参加して、整備されたコースを水天宮まで歩いたり、
久留米市の様々な催しにも参加してきたのですが、
昔川遊びをした!そんなこともすっかり忘れてこの筑後川お花見クルーズを申し込んだのです。

川面から眺める春の筑後川は、陸から見る景色と違い、水天宮の社や、篠山城址の風情ある景色、
また、百年公園からくるめウスなどの建物のある新しい久留米の風景。

そしてビックリ!!(私が知らなかっただけ?!)
久留米大橋のすぐ下流の川の瀬になってるところに「船通し」と言う4年もの工期をかけて造られた、
スエズ運河と同じ方式の近代的な設備があることを知りました。
川の上下を堰きとめて、1m以上もある水かさの高低差を、5~7分くらいで船を通すことのできるそうです。

筑後川舟通し 2


よかった~!!
今回の参加は、かって知ったる「私たちの筑後川」のイメージの、昔よく遊んだ思い出を、
昨日のことのように思い起こさせてくれ、
それに新しい筑後川を教えてくれた、とても懐かしく!嬉しい!楽しいまち旅となったことです!!
なぁーんか幸せぇ~!!(ハート!ハート!)な一日でした。
感激ぃ~ ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。

久留米のことは「よー知っとる!」と思ってる久留米っ子や久留米を知らない人たちにも、
このまち旅にぜひ!参加してもらいたいと思う、よいものでした。  posted by yumi

水天宮のカモ


春のまち旅概要  プログラム一覧  まち旅カレンダー  日々のまち旅  実施レポート

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/358-39446b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)