FC2ブログ

2018年秋のまち旅レポートを絶賛公開中。 2018年下期「いつでもまち旅」のご案内もしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

 2018年秋のまち旅レポートは カレンダー右端のアイコン をクリックしてご覧ください。

22.秘伝の黒麹酒と秘密の料理 

2010年春の久留米まち旅博覧会/地酒蔵めぐりのまち旅

三潴の池亀酒造で一体何が・・・
22  秘伝の黒麹酒と秘密の料理  ※開催は終了しました

筑後平野を潤す筑後川の下流にある明治8年創業の池亀酒造。そのこだわりと、個性派の酒で知られる酒蔵です。まち旅初登場の今回、アメリカへの輸出も始まった、黒麹仕込みの秘伝の酒と、食の競演。どんな料理とあわせるかは、当日まで、お楽しみに。
大空間の蔵では、久留米出身でミラノ在住の彫刻家、熊井和彦さんの個展も同時開催。その日が心待ちな、シークレットツアーです。


4/29 (祝・木) 10:30 〜14:00
池亀


 集合場所/西鉄大善寺駅(10:20集合、往復タクシー送迎有)、または池亀酒造(10:30 集合)
 会場/池亀酒造 (三潴町草場545) 
 料金/ 5,000 円  定員/ 20 名  所要時間/約3 時間半
※車を運転してのご参加はご遠慮ください。公共交通機関をご利用ください。
● 予約先/池亀酒造(株) TEL 0942-64-3101 実施日の3 日前までに要予約

2010年春のまち旅概要  プログラム一覧  まち旅カレンダー  実施レポート



酒蔵  久留米は希有な酒処

  久留米市内にある17 の蔵は、いずれも個性ある酒づくりで
  知られる蔵ばかり。日本酒はもちろんのこと、オリジナル焼酎も
  数多くあり、原料も、米、麦にとどまらず、胡麻、野菜とユニー
  クな顔ぶれ。久留米の特産品であるフルーツを使ったリキュール
  類や梅酒、酒粕を使った奈良漬けなどの加工品も人気です。
  蔵巡りのおもしろさが何倍にもなる、日本酒に焼酎、ワインと
  三拍子揃ってまだあまりある、久留米は希有な酒処です。


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/301-49d6a8da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)