2017年秋のまち旅ガイドブック作成中!もう少しお待ちくださいね。いつでもまち旅は参加受付中です。

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


8.春の特選 茶花の寄せ植え 

2010年春の久留米まち旅博覧会/農と食スローなまち旅

    善導寺でみのうの自然をひとつの鉢に
8   春の特選 茶花の寄せ植え  ※開催は終了しました


茶花の里   植木・苗木の産地である久留米の名所、
  5万坪の緑のデパート「くるめ緑花セン
  ター」。かやぶき屋根が目印の、和洋の
  草花や木々が美しい「茶花の里」は、自
  然のままの風情を大切にする園芸店です。
  その庭先で季節の植物を選び、土に触れ、
  寄せ植えづくりを楽しみます。
  近くには柳坂曽根の櫨並木もあり、お帰り
  の際にはゆっくりと散策もいかがですか。

  3/13(土)・16(火)・17(水)・27(土)


 開催時間/13:30~15:00
 集合場所・会場/くるめ緑花センター「茶花の里」 (善導寺町木塚303-28)
 料金/ 3,900円 (お茶・お菓子付)
 定員/各8名 所要時間/約1時間半
● 予約先  茶花の里 TEL 0942-47-4848 実施日の3日前までに要予約

※ 2009年の「まち旅」で和の趣きの寄植えづくりが開催されました。レポート >

2010年春のまち旅概要  プログラム一覧  まち旅カレンダー  実施レポート



植木畑植木・苗木発祥の地
久留米は植木・苗木発祥の地です。江戸時代、地面より低く水が使えな
かった筑後川に堰が築かれ、筑後平野は大穀倉地帯となりました。
しかし税は重くなり、農民たちは生きるため、枝一本、葉一枚から、苗
木をつくりはじめます。その技術は蝋燭の原料として藩財政を支える櫨
栽培の奨励とあいまって瞬く間に広がり、筑後一円は櫨の国といわれる
ほどになりました。
さらに戦のない江戸時代におとずれた空前の庭園ブームを支え、植木・
苗木産地久留米の今があります。田主丸の殖木(ふえき)にある碑が、
その歴史を静かに物語っています。



コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/287-ba6bfca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)