2017年秋のまち旅ガイドブック作成中!もう少しお待ちくださいね。いつでもまち旅は参加受付中です。

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


久留米絣のオリジナルファッション 「印花」 

※印花さんは、2014年に閉店なさいました。

久留米といえば久留米絣、絣といえば久留米絣。久留米絣は日本一! 
と自慢したいから、これからも久留米絣をいっぱい紹介していきたいと思います。

「久留米まち旅博覧会」のプログラムの会場となった「地場産くるめ」と「風のおくりもの」さんの次は、
プログラム、NO.46 寺町そぞろ歩き 絣小物と和菓子づくりで講師をされた市瀬先生のお店『印花』さん。
久留米市通町に絣の店を構えられて20数年になるという、絣ファンの皆さんはよ~くご存知のお店です。

かすりっ娘ちゃん


市瀬先生市瀬先生は、ご結婚で佐世保市にお住まいの頃、ボランティアで
刺子などを教えられ、その頃から、あのなんともいえない深い
紺色の「藍染め」の布に魅了されていったそうです。
それまでは「藍染」を知らなかったんですよ~、
っとおっしゃってました。
先生の着てらっしゃるチュニックも素敵♪
ゆとりのあるデザインなので、
季節を問わず重ね着も楽しめそうですね。
体形をカバーしてくれるデザインは助かります。。。

既製品だけでなく、デザイン・お仕立もOK!



久留米絣1


店内には、先生や工房デザインの絣の洋服やバック、小物、
作家モノの反物やハギレが並んでました。絣ファンにはたまりません。

久留米絣3


プログラムで参加者が作ったのと同じ「絣ペンダント」を先生からプレゼントして頂きました。
役得、役得、ありがたや~~

久留米絣2


先生イチオシのバックは、絣とマチの酒袋の柿渋染めとのコンビがオシャレな大きめのバック!
パッチワークされた絣はキルト芯ごと細かく刺子されてて、全体にしっかりとした手触りでした。
もちろん一点物だし欲しいな~、で、でも、お財布の中がぁぁ・・・

久留米絣4


来月は、お店でブックカバーを作る教室があるらしいので、日時などがわかり次第告知します。
これからも店や地場産などで、洋服や小物作り教室をされる予定だとか。がば楽しそう~~

印花


 「印花」住所/久留米市通町7-243-1


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/252-37b822a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)