2018年4月~9月開催の「いつでもまち旅」の詳細を公開しました。皆さまのご参加お待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

 2017年秋のまち旅レポートは カレンダー アイコンをクリックして ご覧ください

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   Trackback: --   Comment: --    BLOG TOP   

草野陶房「現の証拠」で、 目から鱗を落とす「お茶碗づくり」 

ナビゲーター エミコです。
2008久留米ほとめきまち旅博覧会の中から、「草野陶房『現の証拠』で『お茶碗づくり』」をご紹介。

2008.11. 9に実施されたこのプログラムは、早期に満席。キャンセル待ちが多かったため、
急遽開催回数を増やして実施されました。 (参加費:一人 2,000円)

草野陶房 現の証拠11


1時間程度で、同じ材料から、人によって大きさも表情も違う、いろいろな茶碗が出来上がりました。

「作品には、作る人の性格が しっかり出るものですよ」 (河北徹さん)

・・・・・・。 

追加開催の知らせを受け、喜んで参加した人たちの表情をご覧ください。(動画




ところで、目から鱗は落ちたかって? 
それは、もちろん!視界が良好になりすぎて「来年も作る」という参加者さんたちの多かったこと・・
動画には、実は お茶目なhotomeki さんも、しっかり写っています。

お茶碗を作り終えた後、思いがけず、奥様手作りの「栗入り白玉ぜんざい」と甘い柿のもてなしがありました。
とても美味しかったです。ご馳走様でした。

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/24-995ce9da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。