FC2ブログ

2019年10月1日~11月30日開催の「秋のまち旅」ガイドを掲載しました。皆様のご参加をお待ちしてます。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

梅林寺で座禅体験ルポ 

2009年久留米まち旅博覧会プログラムNO.30 / 寺社のまち旅
名刹の雰囲気を味わいながらの 梅林寺で本格座禅体験

江南山 梅林寺

JR久留米駅のすぐ裏手に、筑後川べりの丘に堂々たる伽藍をみせているのが、臨済宗妙心寺派の古刹
梅林寺です。九州の代表的な修行道場として知られ、久留米藩主有馬氏菩提寺でもあります。
寺の起源は、初代藩主豊氏が故地丹波福知山の瑞巌寺を移したもので、父則頼の分霊をここにうつし、
その法号梅林院から寺号を改められました。

本堂正面には浮彫りの扉を持つ唐門が優れた威容を見せ、裏に廻ると始祖を初め歴代藩主の霊廟や
墓塔が、静かな小松林の中に風格のあるたたずまいです。隣接の外苑は、梅林の名にふさわしく梅花が
風情を競い、市民の憩いの広場として知られています。<久留米観光コンベンション国際交流協会>

梅林寺3


梅林寺での座禅体験は、昨年の「まち旅博覧会」でも、あっという間に満席になったプログラムで、
今年も3日間とも満席になりました。ご参加ありがとうございます。
私・hotomekiは参加できませんでしたが、ありがたいことに、参加された方から寄稿して頂きました。
以下、文章はnerino様、画像は今年のが手に入らなかったので、昨年の実施担当者から拝借しました。


梅林寺で座禅体験1


nerino です。
11月21日、「久留米まち旅博覧会」のプログラム・梅林寺本格座禅体験に参加してきました。
個人的には禅や寺にも興味がもともとあったため満足でしたが、久々にいろんな我慢をしました。

梅林寺で座禅体験2


寒さと痛さと時折襲う眠気・・・。
雲水さんたちは、こういう毎日を送られているわけで、しかも 朝は3:30に起きられるとか。

計4回ほど座禅の時間があり、その間に昼食、老師様のお話などが盛り込まれ、
相当長い時間に思えました。

梅林寺で座禅体験3


老師様の、「丹田呼吸をするので、お腹が出ており、健康診断でメタボリックだと診断された」
という話が妙にツボにはまり、足のしびれにもはまり中・・・・
そんな中、眠気のためか雲水さんのミスが数回あり、大きな声で叱られる。
ビビりながらのお話でした。

梅林寺で座禅体験4


座禅は回数を重ねるごとにどんどんつらくなってくる。
でも、手や足が無くなって周りのものも見えなくなってきているような感覚になるときは
つらさも感じなかったようです。
これが無や空になるということのほんの一部かな~とぼんやりと思いました。

また、厳しい生活を送っているお坊さんたちの顔はやっぱり緊張感があって、きれいな顔、姿勢でした。
藍色の袈裟や、暗い堂内、昔ながらに窯を使っての炊飯。ここには現代のものがありません。

梅林寺で座禅体験5


梅林寺で座禅体験6 連休中にそんなつらい思いまでして、
座禅したくないと私の友人らは言って
ましたが、俗世を離れた独特の世界
で、ほんのちょっとだけ禅の「無になる
空になる」という感覚を味わえたような
気がします。

終えたら、なんだかすっきりした!
という感覚がありました。
心のデトックスという感じでした。

興味がある方には、(我慢が必要ですが)、
一度されてみてはどうでしょう?

posted by nerino





nerinoさん、「まち旅」参加の感想を寄せていただきありがとうございました。
単なる観光とは違う、禅寺の普段の厳しさに触れる体験のようでしたね~!
久留米市に住んでいても、なかなか中に入ることのできない別格の寺・梅林寺ですから、
参加できなかった者から見たら、厳しいとはいえ、うらましいような気がします。
座禅修行、お疲れ様でした。

梅林寺外苑の梅は広く知られてますが、この季節の公孫樹もきれいなんです。
昨年12月初め、hotomeki、公孫樹の落ち葉を撮影しに梅林寺に参りました。

梅林寺08年12月


今年は公孫樹の黄葉も早くて、明治通りのイチョウ並木も色づいています。
上の紅葉の写真を見たら、早起きして梅林寺のイチョウの落ち葉を見に行きたくなりました。。。

梅林寺12月2

2009年まち旅実施レポート一覧

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/235-68ed9ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)