FC2ブログ

2019年10月1日~11月30日開催の「秋のまち旅」ガイドを掲載しました。皆様のご参加をお待ちしてます。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

耳納山の季節料理とエグ水汲み 

「久留米まち旅博覧会2009」久留米市田主丸町で、「エグ水」伝説を訪ね、パワーアップ!をめざすプログラム
『18.耳納山の季節料理とエグ水汲み』が、2009年11月20日(金)11:00~開催されました。

このプログラムは、名水を汲んで、季節料理を食べ、パワーアップしよう!
という主旨で開催されるものですから、比較的シンプルな進行かと思いきや、
実は、全く予定通り に進みませんで、タイトルとは、大幅チェンジ、


★ 耳納連山 ミステリーツアー ★

の様相と、なったのでした。 うひぁ~~
そのミステリーツアーの行程を、 emiko がレポートします! 

朝11:00 石兆亭 入り口に集合! 本館までのアプローチが紅葉しています。

石兆亭アプローチ


今回のナビゲーターは、 季節料理と仕出し・庭園の田主丸【石兆亭】の女将(おかみ)さんです。
   はじめまして、女将さん。 きょうは、どうぞよろしくお願いします。

(この時は、まだ、女将さんのスーパーミラクルパワーに気付かない私たち・・・)

石山荘1 石山荘2

まずは、石兆亭入口のすぐそばにある、石山荘の説明です。

※ 石山荘は、江戸時代の豪商「手津屋」の別荘で、谷川(エグ水)の流れを取り入れた庭園がありますが、
残念ながら、普段は開放されていません。私たちは、門の外から紅葉を見学。

この、石山荘に流れ込んでいるきれいな水の源流に、これから遡ります。
(女将が小さい頃は、遠足帰りに、この場所で水を飲むのが恒例だったそうな)

ほ旗  さあ、エグ水汲みへ出発!


「じゃあ、みなさん、ついて来てね!」 

先頭の女将カーの後ろを、それぞれ自分の車で追いかけます。 待って~~ 女将さん!!

エグ水1 エグ水2

まずは、鷹取山登山口(エグ水コース) で、エグ水の謂われを解説。
私たちは、持参したペットボトルにエグ水を汲みます。

エグ水3 エグ水4

「この水、ミネラル分が多いので、岩が赤く染まっているでしょ?
体にも、すごくいいみたいで、いつも使っている私は、お肌が、ほら、ツルツル・・」


顔アップの女将さん。さすがです。

軽トラ荷台と、その時、見知らぬ軽トラックが
水汲み場にやってきました。
若い女性二人が、運転しています。
なんと、商売ではなくて、友達に頼まれて
ここまで、いつも定期的に水を汲みに来ているんだって!
若いのに、すごいわぁ。エグ水の魅力ね・・・

さあ、水も汲んだことだし、予定ではここで帰路につくはずが・・
鷹取山の山頂から見る景色について解説していた女将さん、

「せっかくですから、みなさん、でご覧になる?」

そろって肯く、一同。

ほ旗  「じゃあ、ついていらして」

と女将が発進すると、遅れるな~~・・・っと続く、我らがまち旅連隊。山道をガンガン登ります。
平日とあって、幸い離合する車はありません。カーブの多い道を女将カーは颯爽と登って行きます。
そして・・・

鷹取山頂1
鷹取山頂2

鷹取山 山頂です。 すごい、360度パノラマビュー! こちらは、久留米側。

鷹取山頂3

こちらは、八女(星野・上陽)側

ここまで、見晴らしがいいとは、知らなかった一同。感嘆の声を上げています。晴れた日には、
遠く阿蘇方面まで見渡せるそうですよ。是非、見晴らしのいい日に登って来たいものですね。
一同が、とても喜ぶので、女将さんもナビゲートの甲斐があるというものです。


さ、行きましょうか。・・・ということで、このまま帰るのかと思いきや・・

 えっ えっ どこまで行くの~・・・?

この時点で、すでに予定時間を大幅にオーバーしてるんですが、
車は見晴らしのよい、耳納連山の山頂付近を疾走します。

すると、突然止まる先頭の女将車輌。ここは、ハンググライダーの発進基地です。

基地1 基地2


「あらっ 発進基地に何か見えるみたい・・・ 

 みなさん、ご覧になる?」
・・・・肯く一同 

女将さんが、ミラクルなスピードで、坂道を登って行きます。(後ろ姿が女将
待って~~ 女将さ~ん。

颯爽と坂を登る女将さんを、必死で追いかけ、小高くなった発信基地に到着。

基地3 基地4

基地では、パラグライダー(後ろ向きで風を待つフライヤー)とハングライダーが発進準備中でした。

パラグライダーは、「フライングみのう」というチーム、
ハンググライダーは、大学生(九大・九工大・長崎大)のチームの人たち。
さすが、発進基地。飛び立つのに適した場所ですから、足元を覗くと、怖い・・・

それにしても、こんな場面に出くわすなんて、なんてラッキーなんでしょう。

インタビュー


フラッグ小 発信基地でも、初対面のフライヤーへのインタビューを交え、女将が状況を解説してくれます。
フライヤーが背負っているのは、クッションで、着地の時の衝撃から背骨を守るためなんだそうです。
発進には、ある程度の風が必要ですが、今は無風状態なんですね。 

・・・・・・・もう少し、待ちましょう・・・・・・・・

基地5

発進を待ち構える一同。

・・・・・・・・・・・ 

残念なことに、風は吹かず、さすがに帰ることになりました。

女将カーは、発進するとものすごいスピードで山道を進み、
「まち旅連隊」は、途中、女将を見失いそうになりながら、必死で続きます。

カーナビの画面を見ると、画面は真っ白!(つまり、謎の山道なんで道が表示されていないんですね)
道が無いところを、車のマークは進んで行きます。
ひえ~~っ 

ハンドルとブレーキはフル回転です。
あんまりブレーキ踏みすぎて、私の車はブレーキ警告等が点いたほど(泣)
ドキドキ・・・ドキドキ・・・

それにしても、予定時間を過ぎたせいか、女将カーは猛スピードです。

びゅんびゅんびゅん~~

待ってぇ~・・・・・

そして、予定の解散時刻を回ったころ、お腹をすかせたまち旅連隊は、
無事に石兆亭に帰って来たのでした。

耳納連山を走り抜ける、(どこまで行くのかわからない)ミステリーツアーから戻った一同を待っていたのは、
それは暖かい食事でした・・・(後半に続く)  posted by emiko


コメントありがとうございます

         | URL | hotomeki | 2009/11/22 * 編集 *

まさに「ミステリーツアー」そのものでしたね~!
emikoさんの記事を読んで、
まるでドラマを見てるような気分になりました。

あの耳納連山の山道をガンガン走る「まち旅」・・・

最初から知ってたら参加したのに~~
(山道は怖いくせに何故か好きなのv-238
グライダーの基地は行ったことないから、
今度emikoさんに案内してもらお~っと!

         | URL | 関係者です | 2009/11/22 * 編集 *

文章読んでるだけなのに何故か山道を運転してる
気分になるのは・・・なぜ??
これも文章力?(笑)
私も女将さんは存じておりますがそんな方だとは
さすがに・・・(笑)
後半も楽しみにしてます!

  みのうの魅力       | URL | emiko | 2009/11/22 * 編集 *

わざわざ
阿蘇とかまで行かなくてもいいじゃん。すごい景色。

な~んて思える一日でした。
それにしても、心から一生懸命もてなしてくれる
女将さんの気持ちが嬉しかったです。

         | URL | ふくわうち | 2009/11/23 * 編集 *

なんだか道を間違えそうなスリルあふれるレポート。

いろんな意味ですごか~!

なんかもうすぐまち旅が終わると思うと淋しいような・・・
でも余計に来年がまた楽しみ。
熊本とか他の町の人から「(いろんなイベントがあって)久留米はいいですね~」って言われましたよ。

毎年地元の人たちとのつながりが太くなるのがうれしい一市民でした。

  ありがとうございました       | URL | 石兆亭 | 2009/11/27 * 編集 *

うわさの女将です

エグ水汲みだけで帰っていただくなんて・・・
もったいない!

なんとかよろこんでもらいたい、という
ほとめきの一心からでた行動でした

実は私はリウマチで股関節には人口骨が
はいっていて、4週間は痛みを抑えるという
新薬のおかげで日常を過ごしています。

発信基地への登り 山頂への登りなど
よくやれたなぁと思っています

みなさま、ありがとうございました

  驚きました!       | URL | 石兆亭 若女将 | 2009/11/27 * 編集 *

石兆亭・若女将です。

私は店でみなさまをおまちしていたのですが、

レポートを読んでビックリしました。

もちろん、女将の体のことは知っていますから

だ・・・大丈夫だったんだろうか。

と少し心配になりましたが

「よろこんでもらいたい」という

一心から湧き上がるパワーはすごいものですね。

必死でついてきていただいたみなさま

ありがとうございました

みなさまがご覧になった秋の耳納連山もキレイですが

春、いろんな花が咲く石兆亭・耳納連山も格別ですよ!

またお会いしたいですねv-238

         | URL | emiko | 2009/11/27 * 編集 *

みなさん、コメントをありがとうございます。
読んで頂けて、光栄です~~!!

> ふくわうち さん

 >なんかもうすぐまち旅が終わると思うと淋しいような・・・

 ほんとですね~。
 でも、まち旅でこんな素敵なツアーを教えて頂けたのですから
 来年を待たずとも、さっさと自分たちで計画しましょうよ!!
 その際は、お誘いしますんで、是非ご一緒しましょう!


> 石兆亭の女将さん


 その節は、大変お世話になりました。楽しかったです!!
 とても、痛いところがあるとは思えぬ、ハツラツとした足取り
 心のこもったご案内に 本当に感謝です。また、お店にお邪魔しますので
 よろしくお願いします。その時には、パワーを分けてくださいね。


> 石兆亭・若女将さん

 お世話になりました。パワフル女将をきっちりサポートされて
 当日のお見事な若女将ぶりに、感服しておりました。
 このご縁をきっかけに、どうぞお付き合いの程、よろしくお願いします。


コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/226-7b68356f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)