FC2ブログ

「2019年秋のまち旅」のレポートをアップしております。どうぞご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

16. 石けんの杜を歩いて自然に還る石けんづくり 

2019久留米まち旅博覧会秋のまち旅 / 実施レポート 10/26

1_2019111412592972d.jpg植木・苗木の発祥の地
田主丸にある福岡県緑化センターで開催された
「石けんの杜を歩いて自然に還る石けんづくり」をまち旅事務局のNaoがレポートします。


2_20191114125925b50.jpg
福岡県緑化センターは、およそ5万7700平方メートルの広大な敷地に、数々の樹木が植えられているほか、日本庭園芝生広場などがあります。 
今日は、朝から雨が降っていましたが、植物にとっては恵みの雨ということで、樹木たちも生き生きしているように感じました。


3_20191114125926ce9.jpg
ナビゲーターの福岡県緑化センター・平田さん のお話を聞いたあとは、
広大な敷地の一部を散策に出かけます。 


4_20191114125928a7e.jpgプログラムの第1部は、佐々木さん のご案内です。 
いつもは園内の樹木は、枝を折ったりすることは禁止されているのですが、今回は まち旅限定で、ギンバイカの枝を折って匂いを嗅いだりとより身近に植物を感じられました。
まち旅限定ですので、くれぐれも他の方はマネしないでくださいね。


5_20191114130900b60.jpg6_20191114130902028.jpg

園内をさらに進んでいき、石けんの杜 に到着しました。

7_20191114131118f56.jpg6_20191114130902028.jpg

9_201911141312070c2.jpg
ムクロジの実 には、サポニン という成分が含まれ石けんとして利用されてきた歴史がある そうです。
実際にムクロジの実を水につけたものを見せていただきました。
確かに、よく振ると泡立ってきます。
 

園内には、「この木の名前は?」といった立札もあり楽しみながら散策することができます。

10_20191114131208b08.jpg11_20191114131205d37.jpg

12_20191114131346c3f.jpg石けんの杜の散策のあとは、「石けん」つながりで、
第2部自然に還る石けんづくり講座 の始まりです。
ここからは、老舗石けんメーカー 林さん のご案内です。 

13_20191114131348b11.jpg
まずは、人にも環境にもやさしい無添加石けんについてのお話を聞きます。 
石けん講座のあとは、いよいよ 液体の石けんづくり 開始です。


14_20191114131345de5.jpg15_20191114131604c07.jpg

お好きな香りのエキスオイルを混ぜ合わせ、オリジナルの液体石けん の完成です。

16_201911141316074c5.jpg17_20191114131608aa9.jpg18_20191114131605734.jpg

19_201911141317309a0.jpgそろそろお腹もすいてきた頃に、第3部地中海食講座に移ります。
管理栄養士兼フードスペシャリスト野村さん による、
カチャトーラや玄米リゾットなど彩りも美しいお料理です。

20_20191114131725054.jpg

お腹もいっぱいになったあとは、ハニーブッシュティーをいただきながら、
身体にいい地中海式食事講座 の始まりです。
メモを取ったり、質問したりと皆さん熱心に聞かれていました。 

21_2019111413172745c.jpg22_201911141317289cd.jpg

3部構成の今回のプログラムは、盛りだくさんの内容でした。
ありがとうございました。

今回の会場の福岡県緑化センターは、無料で自由に散策ができます。
駐車場もありますので、皆さんもぜひ緑豊かな木々に囲まれて癒されてみませんか?

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2257-6e6a9f9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)