FC2ブログ

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

54. 地元産大豆のお豆腐にこんにゃくづくり 

2019久留米まち旅博覧会秋のまち旅 / 実施レポート 10/15

1_201911140042271b1.jpg
お豆腐こんにゃく作りを行う 秋月とうふ屋 です。
自然の中に趣のある家屋が現れます。

こんにゃくとお豆腐作りは同時進行で行います。




2_20191114004224378.jpg
はじめに こんにゃく作り の下準備 を行い、
待っている間に お豆腐作り
をします。

皆さん真剣にお店の方のお話を聞いています。


3_201911140042258e0.jpg実際に自分たちで こんにゃく作りの下準備 をします。
同じテーブルになった方々と役割を分担しながら協力して作業を行っています。
初対面の方ともすぐに打ち解けて みなさんわいわい言いながら こんにゃく作りをされていましたよ!



次にお 豆腐作り に取り掛かります。
お豆腐作りに使う豆乳市販の豆乳よりも濃度が濃いものを使用します。飲んでみると、豆乳なのに豆腐を食べているように感じるくらい濃厚です。そんな豆乳でつくるお豆腐は とっても美味しい ですよ!
この豆乳はお店で販売している ので、お豆腐作りに参加された方々が気に入って購入されていました。

4_20191114005409d03.jpg5_201911140054108c1.jpg

6_20191114005823703.jpg
豆腐が出来たら ざるに盛り付け て出来上がりです。
きれいに盛り付けるために皆さん慎重にざるによそっています。


続いて下準備したこんにゃくを形成する作業にとりかかります。
凝固剤を入れたこんにゃく を混ぜるのは見た目以上に力が必要で、みなさん「意外に大変だね」と言いながら腕を高速回転させていました。
自分たちで作ったお豆腐とこんにゃくは持ち帰ります。

7_201911140058252d0.jpg8_20191114005822496.jpg

お豆腐とこんにゃく作りの後は、秋月とうふ屋豆腐のコース料理 をいただきます。
お一人で参加されている方も多く、同じテーブルになった方々と楽しそうにお食事されていました。
小さな子供さんもお豆腐を美味しそうに食べています。

9_20191114010115a3e.jpg10_20191114010116d3f.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎて行きました。
今回お豆腐とこんにゃく作りが行われた 秋月とうふ屋 ではランチを食べることができるので、おいしいランチを食べにまた来たいと思います。

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2255-6215985d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)