FC2ブログ

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

48. 日本ミツバチの蜜収穫ランチ& ハニーコーヒー 

2019久留米まち旅博覧会秋のまち旅 / 実施レポート 10/14

大刀洗町ののどかな田園風景に囲まれた山田さんのお宅で、
今回のプログラムのメインイベントの一つ「はちみつ収穫体験」 が行われました。

1_20191113213334d6a.jpgはじめに、みんなでミツバチについてのお勉強です。
ミツバチスズメバチの違いがどんなものかご存知ですか?

ミツバチは花の蜜や花粉を集めて食料にしますが、
スズメバチは肉食でミツバチをえさにすることもあるそうですよ。



他にも蜂の巣箱の中がどうなっているかを見たり触れてみたり、ミツバチの種類や生態、はちみつについても解説がありました。
皆さん山田さんのお話を真剣に聞いて、ミツバチのことをしっかりと理解したところで、いよいよ蜂の巣がある状態の巣箱の登場です。

2_201911132133312ef.jpg右から、巣箱・巣を切って自然にはちみつを濾し落とす「垂れ蜜」・蜜を濾した後の巣を加熱して集めた「蜜蝋」です。
普段、精製されたはちみつしか見慣れていないせいか、皆さん興味津々で写真を撮っていました。
いよいよ蜜の収穫体験です。


3_201911132133333a1.jpg
巣箱から切り落とした巣を包丁で切り分けて蜜を落としていきます。
粘度のあるはちみつを濾すにはしばらく時間がかかります。


4_2019111323524708b.jpg
すでに落としてある蜜を自分で瓶に詰めていきます。


5_2019111323524454e.jpg採れたてのはちみつの糖度を糖度計で覗いてみます。
78.5度 もありました。



山田さんのお宅で 野菜の収穫体験 まで始まってしまいました。

ミツバチが受粉をさせると、いろんな花粉が混ざっているので、自然交配が行われて人工的に受粉させるよりもおいしいお野菜ができる そうです。
 
6_20191113235246341.jpg7_201911140010584af.jpg
新鮮な生バジルや真っ赤に熟れたパプリカ。

8_2019111400110104f.jpg
子どもも大好ききゅうり。

はちみつに野菜の収穫体験を終えて、今度は場所を移して ドリームカフェ へとやってきました。

9_20191114001102509.jpg

今日のメニューはナッツドライカレーです。
大刀洗産のお野菜サラダにカレーのうえに乗った目玉焼きは山田さんのお宅で飼っているにわとりの卵です。

10_20191114001059ca8.jpg

カレーのあとは、IZANAGI COFFEEさんのコーヒーにお好みではちみつを垂らした ハニーコーヒー と、はちみつを練りこんだワッフルをおいしくいただきました。

山田さん のおもてなしの心遣いの詰まったプログラムに、参加者の皆さんも大満足の一日を過ごせたようでした。

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2254-20f00f98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)