FC2ブログ

2019年10月1日~11月30日開催の「秋のまち旅」ガイドを掲載しました。皆様のご参加をお待ちしてます。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

40. ガスの一世紀の歴史と最新ガス機器で海鮮グルメ料理♡ 

2019久留米まち旅博覧会秋のまち旅 / 実施レポート 10/13


まち旅事務局のhamaです。

p-1_20191026174517ab9.jpg今回訪れたのは、久留米市東櫛原町にある
久留米ガス

ガス事業の歴史を学び、
実際に最新のガス機器を使った調理体験でガス火の魅力を体感しました。

久留米ガス → こちら 

p-3_20191026174520e96.jpgp-2_20191026174518846.jpg日本の都市ガス事業のはじまりは、横浜にガス燈が設置された、1872年(明治5年)から だそうです。

久留米でも街の灯りとして使われたのがはじまり で、その後一般家庭に普及していったのが大正時代ごろとのこと。
 
ちなみにガス燈は、現在も荘島町の一角に設置されているそうですよ。

p-4-1.jpgp-4_20191026175841b26.jpg
普段生活の一部として何気なく使っているガスですが、
一歩踏み込んでみると様々な歴史があってとっても興味深かったです。


p-5_20191026175840f47.jpgガス事業の歴史について学んだあとは、最新のガス機器を用いて調理体験!


久留米市東町にある鮨処厨さんから、
料理人 栗田さん の手ほどきで、
新鮮なお魚やお野菜を使った様々なお料理を作りました。

 
p-6_201910262046007b3.jpgp-7_2019102620460195d.jpg

p-8_201910262046034a4.jpgp-9_20191026204558147.jpg

最新のガス機器はとっても便利!様々な機能がついています。
海鮮丼のお米は、 最新のガスコンロの炊飯機能 を使って炊いていきます。
ボタン一つで理想の火加減から消火まで自動で行ってくれるというので驚き!
ふっくら美味しいご飯が炊けました。

p-10_2019102620512787d.jpgp-10-1.jpg

海鮮丼天ぷら煮つけ など盛りだくさんの献立で、
美味しいお料理と共にガスの魅力をたくさん味わいました!

p-11_201910262100044c2.jpgp-12_20191026210006efa.jpg

p-13_20191026210007828.jpgp-14_20191026210002db9.jpg

美味しくいただいて終了イベントは終了。

p-15_20191026210003075.jpg

久留米ガスのみなさん、鮨処厨の栗田さん、ありがとうございました。

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2234-f9b40245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)