2017年秋の「久留米まち旅博覧会」を開催中です。皆さまのご参加をお待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

黒松の産地・三潴町をそぞろ歩けば 

前ページの「久留米まち旅博覧会 三潴植木職人に弟子入り体験」実施に先立って三潴町を歩いてきました。
正直なところ、三潴町や黒松のことをこれまであまり知らなかったのです。
(道に迷ったくらいですから・・・

この季節に この緑、きれいですね~!

三潴の黒松3


十連寺公園から少し歩くと、形良く仕立てられた美しい黒松の林が続き、
そこここで、松の手入れをされている生産者の方に出会います。
三潴町の松の生産者は約50軒、植木組合の組合員さんだけでも26軒あるそうです。
それでも、後継者がいなくなって荒れてしまった畑も増えてきたと伺いました。

剪定作業


今年の春に、東京に住む姉から「久留米のことテレビ(NHKのひるどき日本)でやってるよ、黒松だって」、
と電話がありました。全国放送はありがたいですね。毎年4月に「みづま黒松春まつり」が開催されています。
久留米市は農業産出額九州トップクラス!って聞いたことがありますが、野菜や果物、畜産などの他に、
久留米つつじや果樹苗木、ツバキ、そして、松など、種苗・苗木では「日本三大植木産地」といわれ、
庭園用の「みづまの松」は、生産技術と植栽の規模において全国一を誇っているそうです!!

(日本三大植木産地でググると、○塚ばっかりヒットするけん。宣伝せねば・・・)
  
三潴の黒松1

うひゃ~~っ、と声が出るくらい、カッコいい松がいっぱいあるんですよ。お値段はいかほどなんでしょう。
黒松だけでなく赤松や五葉松もあって、ここにきて、やっとその違いがわかりました。。。笑

三潴の黒松2


案内して下さった「三潴植木組合」のW岩熊さんです。ありがとうございます。
名木指定・樹齢150年のクロマツをバックに撮影させて頂きました。
歴史と伝統の職人技を誇る「みづまの松」。更に全国に知ってもらいたいですね。

三潴植木組合の岩熊氏


お二人から、十連寺公園のビュースポットを教えて頂きました。抜群の眺望の展望台です。

十連寺公園2


霞んでたので遠くまでは見えませんでしたが、筑後地方一円の景色と有明海が見えるそうです。
夜空と星空もよからしかよ。見てみたか~

十連寺公園展望台から


三潴町西牟田地区にある12ヶ所の溜池群のひとつ、清導寺溜池のほとりにある十連寺公園は、
春は桜並木が美しく、夏はカヌー教室やバス釣りと、四季を通じて楽しめる公園です。

十連寺公園1


池の中に遊歩道デッキがあるので、散策してみましょう。噴水もあるよ

十連寺公園3


ちょっと寄り道
久留米への帰り道、十連寺公園の近くにある「ふかほり邸」に立ち寄ってきました。

ふかほり邸

2008年4月にオープンした「天然田園温泉 ふかほり邸」は、180年前の旧家を改築した母屋と、
全室露天風呂つきの離れという客室で、今、秘かな人気お宿だとか・・・
懐と相談すると宿泊は却下されてしまいましたが、せめて入浴付きのランチはしてみたかよね。。。

ふかほり3


とりあえず敷地内にある「パン工房じゃぱん」で、由布院溶岩石窯&天然酵母のパンと、
「豆腐工房 清蓮とうふ」の青豆とうふを購入してきました。おいしかったです♪

ふかほり2

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/222-42fae9cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)