FC2ブログ

2019年10月1日~11月30日開催の「秋のまち旅」ガイドを掲載しました。皆様のご参加をお待ちしてます。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

まち旅実施者研修会を開催 

今日は、もとい、いつも食べすぎ朝倉2号(^^;)です。

たくさんの皆さんにお楽しみいただいている久留米まち旅博覧会は、自然や農業、伝統工芸、歴史遺産、食文化など、普段から慣れ親しんだ地元の地域資源を活かし、久留米に暮らす人々がおもてなしする「手づくりの旅」です。

s00_201903101149088c7.jpgただ、各プログラムの実施者さんは基本的に素人w
皆さん、「久留米のいいとこを知ってほしい」
「久留米にお越しいただいた皆さんをおもてなししたい」
という想いにあふれているんですが、どう伝えるか、どうもてなすか、その手法に悩んでいる方も多いのです。

そのため、久留米まち旅博覧会では年1回、実施者さんを対象とした研修会を開催し、伝え方、もてなし方のスキルアップを通じて、各プログラムの魅力向上に努めています。

で、先日、久留米の名店「焼肉・鉄板焼 中津留」において、今年度の実施者研修会が開催されました。
「焼肉・鉄板焼 中津留」といえば、昨秋の大人気プログラム「久留米育ちの博多和牛ステーキ食べ比べ」の開催会場。
どれだけ人気だったかというと、参加費5千円にも関わらず申し込みが殺到し、定員20名で1回だったところを34名で2回開催、それでも94名のキャンセル待ちが出ちゃったほど。
さらに参加者からいただいたアンケートの評価も高く、「次回も開催してほしいランキング」があれば間違いなくナンバーワンに輝くプログラムでした。

 ※「久留米育ちの博多和牛ステーキ食べ比べ」開催レポートは → コチラ

つまり、この大人気プログラムを体験し、なぜ応募が殺到したのか、なぜ評価が高かったのかを学ぶことで、今秋のまち旅をレベルアップすることを目的に開催されたというわけなのです。

間違っても、朝倉2号が「中津留でステーキが食べた~い♪」と朝な夕なに猛プッシュしたからではありませんので念のためw
 
s01_20190310114720502.jpgというわけで始まりました実施者研修会、
まずは、NPO法人久留米ブランド研究会の事務局長からご挨拶。

昨秋の総括と、本研修会の目的についてお話しします。

続いて参加者ひとりひとりから自己紹介。
実施者同士の情報交換も研修会の目的のひとつなので、ここ重要です。 

s02_2019031011465988f.jpg次に私から、「応募が殺到し参加者の高評価を得た要因分析」という演題で、10分間ほど皆さんに報告させていただきました。

何しろこのプログラムに関しては、その企画立案からガイドブックの原稿作成、当日の運営、さらに後日のレポート執筆までやってるので、話さざるを得なかったんですよねw

さて、ここからは運営方法やおもてなしを学ぶため、昨秋のままのプログラム「久留米育ちの博多和牛ステーキ食べ比べ」を体験します。 


s03_201903101147009a6.jpg s04_20190310114702d1b.jpg

博多和牛生産者の大熊さんから「和牛の育て方講座」
株式会社中津留の中津留社長から「おいしい肉の食べ方・見極め方講座」

s05_20190310114703f80.jpg s06_20190310114705b23.jpg

株式会社中津留の中津留部長と佐々木係長によるカットショーとステーキ食べ比べ。

実施者の皆さん、熱心に聞いてると思いきや、
研修であることも忘れ美味しいステーキに舌鼓を・・・ってうそウソw

s07_201903101147063c4.jpgs08_20190310114708d27.jpgs09_201903101147095aa.jpg

終了後のアンケートには感想がびっしり。
講義の内容をきっちり聞くだけでなく、その手法についてもしっかり学んでましたよ♪

s10_20190310114710024.jpgs11_2019031011471220d.jpgs12_20190310114713bab.jpg

 ・生産者の方、中津留社長さんの苦労と努力、消費者の為にありがたい事です。
 ・お肉の部位をスタッフの体を使って説明してくれたので、わかりやすかった。
 ・やはり、キーワードは非日常観と知的好奇心を満たしてくれることに尽きます。
 ・内容はもちろん素晴らしかったです。
  説明も解りやすく丁寧でよかったと思います。
  今後プログラムに、より突っ込んだプログラム内容にしたいと思いました。
 ・結局はいかに来てくださった市民に真摯に対応することだと再認識しました。
 ・中津留様御家族はもとより、従業員の皆様の対応がすばらしく、
  まち旅参加者の皆様に大好評な理由がよくわかりました。
 ・プログラムを作るにあたって、「思い」を伝えることが大切だと思いました。
 ・張り紙(駐車場)や受付から丁寧でよかった。
  やはり、おもてなし、ほとめきの心が一番大切!
 ・ガイドブックの写真の大事さ、惹きつける文章の大事さを改めて感じることが出来ました。

講義を聞き、中津留さんのもてなしを受け、たっぷり情報交換した実施者の皆さんは確実にレベルアップ!
これまで以上に素晴らしいプログラムが生まれそうな予感です。
皆さん、今年の秋のまち旅にどうぞご期待くださいね~♪

<追記>
まち旅「久留米育ちの博多和牛ステーキ食べ比べ」開催を記念し、
焼肉・鉄板焼中津留にステーキコース(5千円)   が誕生しました。
  ・ ステーキ2種類(ブランド・部位はおまかせ 計250~300g)
  ・ サラダ
  ・ 焼き野菜
  ・ スープ
  ・ ごはん(お代わり自由)
  ・ デザート

s13_20190310114715e66.jpg s14_20190310114717395.jpg s15_201903101147188c8.jpg

まち旅みたいにステーキで希少部位の食べ比べをしてみたい方、おすすめですよ~♪


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2214-7bf48dd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)