FC2ブログ

2019年4月~9月開催の「いつでもまち旅」の ご案内を掲載しました。ご参加お待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

 2018年秋のまち旅レポートは カレンダー右端のアイコン をクリックしてご覧ください。

11.薫る「印香」づくりと隠れ家ランチ 

2018久留米まち旅博覧会秋のまち旅/実施レポート 11/24

 1_2019010911582116d.jpgまち旅事務局 hama がレポートします。
今日の会場は、久留米市南薫西町にある隠れ家的サロンスペース「まどカフェ」です。

久留米藩御用達の商家、お線香専門店「天年堂」の女将の手ほどきで、火をつけず温めて香りを楽しむ 「印香」づくりを行います。
天年堂 → こちら   

参加者のみなさんは熊本県から1組、長崎県から1組、佐賀市内から1組、福岡市内から1組、久留米市内から1組という県外市外からの参加が多くてびっくりでした。

1-2_20190109115823e63.jpg2☆

3☆隠れ家的サロンスペース「まどカフェ」のオーナーの丸山さんたちです。
丸山スーザン先生は、10月15日に開催された秋のまち旅「老舗ホテルの庭園を眺め 英語でYOGA」でヨガをご指導いただいた先生でもあります。
こちらのサロンの隣の部屋はヨガのレッスンスペースでした。

飛鳥時代に、大陸から日本に伝来したとされるお香。
普段使いにも楽しむために、色々と詳しく教えていただきました。
さあ、印香づくりのはじまりです。
お線香の元になる粉を袋の中で水と香りのエッセンスを加えて揉みます。

4☆5_20190109115828900.jpg

お菓子づくりの木型にはめ込んで型から抜くとお菓子にそっくりの印香の出来上がり。
クッキーの型で抜いても可愛らしい印香ができましたよ。
箱に並べて乾かします。

7-1☆7-2☆8☆

出来上がった印香は、タンスの引き出しに入れて防虫や香り付けに使ったり、お部屋の香りとして楽しんだり、車の中に置いておくのもいいそうです。
最後には、普通のお線香のように火を付けて楽しんでもいいとか。

香木や珍しい香りのお線香を紹介していただきました。

9☆10_20190109115837e74.jpg

カフェ特製のおにぎりランチとスーザン先生の手づくりお菓子をいただいて、ゆっくりとした時間を楽しみました。

12_201901091158391fc.jpg13_201901091158404d5.jpg

14☆印香を自宅に帰ってすぐに使えるようにとお香セットをお土産に頂きました(感激!)。

天年堂さん、本当に素敵な企画をありがとうございました。


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2200-9d7b1ca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)