FC2ブログ

2018年秋のまち旅レポートを絶賛公開中。 2018年下期「いつでもまち旅」のご案内もしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

 2018年秋のまち旅レポートは カレンダー右端のアイコン をクリックしてご覧ください。


    

63.胡麻祥酎誕生物語と古民家のカクテルバー 

2018久留米まち旅博覧会秋のまち旅/実施レポート 10/20

まち旅事務局hamaがレポートします。

耳納連山を背景に立つ田主丸町の祥酎工場『紅乙女酒造耳納蒸留所』
 
耳納連山から吹き降ろす風が自然のクーラー。祥酎づくりに適した環境” と噂の工場内にさっそく潜入しま~す。

  ※ 紅乙女 → こちら

s1_201811261603137e8.jpgs2_20181126160315cea.jpg

工場内にある2基の蒸留器のうちの1基、
『洋酒に比肩する蒸留酒を日本でも製造する』 という創業者林田春野』の精神を表す蒸留器、
フランスから取り寄せた「アランビック蒸留器」を見学します。

s3_20181126160316cec.jpgs4_2018112616031802a.jpg

樽貯蔵庫では『天使の分け前』と呼ばれる、香り高いお酒のシャワーをたっぷりと全身で味わいました。

次は、製造過程を説明していただきながら見学。 日本酒との違いを学びます。

s8_201811261603199de.jpgs9_20181126160321a8c.jpg

祥酎について学んだあとは、古民家「水縄茶寮」へ移動して、お待ちかね本日限りカクテルバーです。
雰囲気たっぷりのお部屋で紅乙女酒造の職員の方に丁寧に作っていただくカクテルが、何と飲み放題! 

s10_20181126160308431.jpgs12_201811261603093ee.jpg

「おつまみご膳」も見てのとおり。 とても美味しかったです! 

s13_20181126160310d3b.jpgs14☆

何とも贅沢な企画に、参加者のみなさんも大満足! 「紅乙女万歳!」 
お昼間からほろ酔い気分の心地よいプログラムとなりました。


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2175-d2f0f388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)