FC2ブログ

2018年秋のまち旅レポートを絶賛公開中。 2018年下期「いつでもまち旅」のご案内もしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

 2018年秋のまち旅レポートは カレンダー右端のアイコン をクリックしてご覧ください。


    

74.最先端救急医療現場のシミュレーションツアー 

2018久留米まち旅博覧会秋のまち旅 11/10

新古賀病院・東館 (2015年12月開設) を舞台にした最先端医療現場のシミュレーションツアー。
事務局Risaがレポートします。

今回は、小学生から大人まで幅広い年齢層の方々が参加。みなさん興味津々です。

精密機器があるので、いくつか注意事項をうかがった後、順を追って救急現場をシミュレーション。
倒れている人に遭遇した場面からスタートしました。
まずは 心臓マッサージ や AED の使い方から。

p-①p-②

知識はあっても、実際にやってみると難しい。
こうやって教えていただくと、いざという時に冷静に対応できそうです。

次は、外に待機している救急車に乗り込んで中を見学。それから救急処置室へ向かいます。
たくさんの器具についキョロキョロしてしまいます。

p-③p-④

CTスキャンやMRIの説明では、参加者のみなさんから質問が飛び交いました。

p-⑤p-⑥

そしていよいよ手術室へ。
念入りに手を洗って手術衣を着ると、気分は ドクター! 
ブルーライトが照らす 異空間 へ緊張しながら足を踏み入れます。

p-⑦p-⑧

電気メスで実際に鶏肉を切ってみたり、内視鏡で模型の中を見てみたり、
外科医になりきって、こんな体験ができるなんてスゴイですよね!

p-⑨p-⑩

p-⑪最後は心臓血液センターへ。カテーテルを触ったり、管に通したりしてみました。実際に人の体に通す時は、すごく神経を使う大変な作業なのだとか。
ドラマのように簡単にはいかず「お医者さんってスゴイんだなぁ」と改めて尊敬の念がわいてきました。

盛りだくさんの内容でしたが、あっという間に終了。
「素晴らしい企画」「参加して良かった」と皆さん喜んでお帰りになりました。

子どもたちも「面白かった!将来は医療に関する仕事がしたい!」と頼もしく話してくれました。
ぜひ頑張ってくださいね~ p(*^-^*)q
貴重な体験ができる素敵な企画。ありがとうございました。

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2170-2eceba29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)