FC2ブログ

2018年秋のまち旅レポートを絶賛公開中。 2018年下期「いつでもまち旅」のご案内もしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

 2018年秋のまち旅レポートは カレンダー右端のアイコン をクリックしてご覧ください。


    

7.室町時代より受け継がれし技 古式藍染めと手織り体験 

2018久留米まち旅博覧会秋のまち旅/実施レポート 10/28

まち旅事務局 hama です。

重要無形文化財 久留米絣技術保持者会 会長 である
松枝哲哉さんと小夜子さん夫妻の 絣工房 が田主丸町竹野にあります。
松枝さんは、絣で重要な「水」を求め、この地に久留米絣の工房 「藍生庵(らんせいあん) を構えました。
その工房で、「手織り」 「藍染め」 のいずれかを体験します。

7_76.jpg7_07_201811132250524db.jpg

久留米絣の手織りは、天然純正藍のほかに、紫根やクララなどの天然染料で染めた糸を使い、
ストールやテーブルセンターを織りあげます。

藍染めは、室町時代から続く 灰汁建て技法 で染めて行きます。

7_11_20181113225053e34.jpg7_16.jpg7_58.jpg

作品を掲げ、松枝夫妻と一緒に記念写真です。

7_82.jpg

着る人の免疫力を高める薬効 など、興味深い 藍の話を伺う貴重なひととき でした。

 ※ 久留米絣 -藍生庵- (久留米大学HP) → こちら 

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2156-39fc4641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)