FC2ブログ

2018年秋の久留米まち旅博覧会GUIDEを公開しました。みなさまのご参加をお待ちしてます。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

17.お料理引き立つ 籃胎漆器のお弁当箱「お弁当箱」 

2018久留米まち旅博覧会秋のまち旅/実施レポート 10/5

事務局 risa がレポートします。

久留米で約120年続く伝統工芸 「藍胎(らんたい)漆器」 を暮らしの中に・・・

歴史受け継ぐ本物の工芸品で 自分だけのオリジナルお弁当箱。憧れませんか?
今回は、そんな夢が叶う「まち旅」です。

17_.jpg

台風接近中で心配しましたが、雨も降らず穏やかな天気の中、始まりました。
今日は4名が参加です。
(※ このプログラム、好評のため、追加開催も入れて25名のかたに参加頂きました)

末吉正季さんの指導のもと、竹かご編み にチャレンジ!

17_2_20181029230512de3.jpg17_3_20181029230514137.jpg

3本とびの網代編み という 藍胎漆器の基本的な編み方 を教えていただきました。

難しそうで簡単、簡単のようで難しい・・・ 
黙々と手元に集中です。

17_4_20181029230515389.jpg17_5_20181029230516ac0.jpg

17_6_20181029230518b9c.jpg17_7_20181029230504e28.jpg

面白いお話で場を和ませてくれながらも「そこ違うな~」と末吉さんが的確に教えてくれました。

1時間があっという間に経ち、完成★

17_8_201810292305068de.jpg17_9_201810292305071fc.jpg

達成感に満ちた笑顔 が印象的でした。

17_10_20181029230509f41.jpgお弁当箱の色を8~9種類の中から選んで、
ここからの作業は末吉さんにお任せします。

1つ1つ丁寧に仕上げてもらうので、12月末までにお届けの予定。

手元に届くのが
待ち遠しくてたまりません。


 
手作りの思い出もつまった 一生もののお弁当箱
あなたも作ってみたいと思いませんか?

※ 末吉籃胎漆器 → こちら 


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2146-268d39cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)