FC2ブログ

2018年秋の久留米まち旅博覧会GUIDEを公開しました。みなさまのご参加をお待ちしてます。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

13. ウィリアム・モリスの壁紙でアンティークな木箱  

2018久留米まち旅博覧会秋のまち旅/実施レポート 10/13

まち旅レポーターは risa です。

13_1_20181029000923e6f.jpg今回の「まち旅」は、津福今町の イン・ザ・ガーデン で開催されました。

穏やかな秋晴れの中、10名の方が参加。

優しい模様のイメージがある ウィリアム・モリス とあって、
参加者はすべて 女性 でした。


はじめに、イン・ザ・ガーデンの執行さんが
ウィリアム・モリスの故郷 イギリスの時代背景など をお話ししてくれました。

13_2_20181029002125b2e.jpg13_3_20181029002126f6b.jpg13_4_201810290021236d0.jpg

英国調の素敵な店内で、すっかり ウィリアム・モリスの世界 に浸りながら、
ナビゲーター「インプルーヴくるめ」の戸島さんから今日のワークショップの説明がありました。
第2弾となる今回は、オシャレな木箱とペン立てをD.I.Y

13_5_201810290009294b3.jpg13_6_201810290009314e9.jpg

まず、木箱の中にワックスを塗ります。
ゴシゴシ…力を根気がいる作業ですが、だんだんと アンティークな感じに変わっていくので
「何を入れようかしら?」 とワクワク胸が弾んできます。

13_7_2018102900093240b.jpg13_8_20181029000934ebd.jpg

次は側面に壁紙を貼ります。
カッターで切ったり、刷毛で糊を塗ったり、丁寧に仕上げていきます。
終わった方から、穴を開けてタッセルを付けると、グッとオシャレにセンスアップ!

13_9_201810290009350d7.jpg13_10_20181029000937d7f.jpg

13_11_20181029000938eea.jpg

続いて、ペン立て です。
どの模様も素敵で個性が光ります。
テーブルのアクセントに最適ですね。
刷毛やヘラの扱いにも慣れてきた様子で、手際よく仕上がりました。

13_12_20181029000940a53.jpg1時間ほど集中して作業したので、
ここで ティータイム です。

ヴィクトリア女王が愛したという
ケーキと香り高い紅茶で優雅なひととき。
お皿やティーカップも素敵でした。


13_13.jpg13_14.jpg

ほっと一息ついてから、散歩がてらに、すぐ近くにある「インプルーヴくるめ」のお店まで。
壁紙とペンキを扱ってあり、センスの良さがうかがえます。

芸術の秋にピッタリの「まち旅」でした。

13_15.jpg11月より久留米市美術館で「ウィリアム・モリス展」も開催予定なので、
興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

※ ウィリアム・モリスと英国の壁紙展 → コチラ

「インプルーヴくるめ」も 「インプルーヴヒスイ」 と名前が変わって
来月レセプションがあるそうですよ♪


コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2143-7dd9cb35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)