FC2ブログ

2018年秋の久留米まち旅博覧会GUIDEを公開しました。みなさまのご参加をお待ちしてます。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

6.泳ぐアート 奥深きかな錦鯉カフェ 

2018久留米まち旅博覧会秋のまち旅/実施レポート 10/14

まち旅レポーター risa がお届けします。
今回は世界に誇る日本の伝統美、錦鯉の世界 にご案内します。

6_2_20181023162722da4.jpg秋晴れの汗ばむ陽気の中、
雄大な耳納連山と筑後川の間ののどかな田園にある丸筑魚苑で「まち旅」がありました。
定員は5名ですが、今日は親子7人で開催です。
※ 丸筑魚苑 → こちら
丸筑魚苑の小西さん親子に、泳ぐ宝石とも言われる
錦鯉の世界をナビゲートしてもらいました。

今回は小学生のお子さんも参加してくれていたので、まずは餌やり体験から。

koiハウスの中にいる 今年生まれたばかりの小さな鯉
餌をめがけて次々と集まってくる様子に 
「かわいい!」と笑顔がこぼれます。
少しずつあげる人、たくさん一気にあげる人、様々です。

外の大きな鯉にも餌をあげさせてもらいました。

大きな鯉はゆったりと 優雅 に泳いでいます。


6_7_2018102316273105a.jpg「これが好き❤」 
と、お気に入りがみつかる子もいました。

屋内に移動して、もっと大きな 品評会用の鯉を鑑賞。

今回は特別に上にあげていただき、間近でよく見ることができました。
 

6_8_201810231627328d6.jpg6_9_20181023162733678.jpg

6_10_20181023162734ddb.jpg想像以上に大きくて立派な鯉 に「わあ!」と歓声が響きます。

美味しい田主丸のお菓子とこだわりの珈琲をいただきながら、小西さんのお話を聞いたり鯉のビデオを観たり、和やかなひととき…

コーヒーカップにも鯉!
 

6_11_201810231627367cd.jpg6_12.jpg

寿命や産卵、飼い方など、鯉のことなら何でも小西さんが答えてくれます。

錦鯉は80種類以上、お値段も100円から数百万円以上…と様々だそうです。

パンフレットを見ながら、泳いでいる鯉の品種を当ててみたり、楽しい時間でした。最後にオリジナルのお土産までいただいて解散。

6_1_2018102316272025c.jpg「また来たい!」と言う参加者の方に
「いつでも見に来てください」 と笑顔の小西さん。

錦鯉に魅せられた
世界のバイヤーも買い付けにくるような場所
が、
身近にあったなんて知りませんでした。

久留米の新たな魅力を発見できた
貴重な1日になりました。 


2018予約のご案内180 2018プログラム一覧180 2018開催日カレンダー180

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2140-614fef15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)