FC2ブログ

2019年10月1日~11月30日開催の「秋のまち旅」ガイドを掲載しました。皆様のご参加をお待ちしてます。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

「花の露」かっぽ酒バスツアールポ 

2009年久留米まち旅博覧会プログラムNO.50 城島の酒蔵 花の露で日本酒を堪能

50 竹で味わう「かっぽ酒」と美味しいおつまみ

2009年10月31日は、筑後川ライブクルーズに出かけたので、同じ日に開催された、
「49 あなたの知らない世界 河童ミステリーツアー」を見にいけなかったのが心残り。
どなたか行かれた方いらっしゃいますか?
聞けば、石垣山観音寺の菊川大僧正様にお会いできたとか・・・いいな~


竹で味わう「かっぽ酒」と美味しいおつまみ2それではと、「まち旅」バスツアーの二つ目、
11月1日開催の「かっぽ酒ツアー」に行って
きました。会場は城島町の酒蔵「花の露」。
あいにくの雨でしたが、大きな酒蔵がいっぱい
あるから大丈夫!
かっぽ酒用の竹筒やお猪口を手作りしたり、
美味しいおつまみに舌鼓をうちながら酒造り唄
を聴いたりと、スタッフの方々の優しさに溢れた、
なごやかなプログラムでした。


真竹を斜めに切って、注ぎ口を作ります。みなさん、教わりながら自分の分を作ります。
猪口や花入れまで作られてましたよ。

竹筒つくり


竹で味わう「かっぽ酒」と美味しいおつまみ1

「花の露」の純米酒をトクトクと注ぎいれ、竹筒が火にかけられました。約5分でぬる燗くらいだそうです。
竹の油がしみこんで、お酒が美味しくなるとげな~!(運転してきたので、一適も飲んでません・・・涙)

かっぽ酒


どお~? 旨か?

かっぽ酒を味わう


参加者に配られた「花の露 純米酒」。ラベルに各々の名前が書き込まれてました。

花の露


出来上がったかっぽ酒を持って、おつまみが用意された会場に移動です。
ステージでは、筑後酒作り唄保存会の皆様が唄を披露して下さいました。

筑後酒作り唄保存会


「さくらさく蔵」さんが腕によりをかけて準備されたお料理の数々。

さくらさく蔵さんのお料理


お皿も竹筒。美味しそうなおでんもありましたよ。

おでんもあった


食べて呑んで・・・・TVの取材もありました。

おつまみとお酒を頂きながら


二階にある「花の露資料館」も見学して。

資料館


参加された皆さんは、花の露さんの”角打ち処”でお土産を買われてました。

お土産コーナー


花の露さん、さくらさく蔵さん、お疲れ様です。皆さんに楽しんでもらえて良かったですね~

花の露の冨安さんと、さくらさく蔵の星野さん


  ● バスツアーは、西鉄久留米駅に集合でした。バスの中の様子など、担当のどなたか教えてね。



コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/209-9984d0c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)