2017年秋のまち旅ガイドブック作成中!もう少しお待ちくださいね。いつでもまち旅は参加受付中です。

 2016年秋のまち旅レポートは 右の をクリックしてご覧ください。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


筑後川ライブクルーズの1日 

2009年久留米まち旅博覧会プログラムNO.41 /筑後川と風を感じるまち旅、
41 筑後川ライブクルーズ が、2009年10月31日開催されました。

水天宮横筑後川河川敷から屋形船「麒麟号」に乗船して、シャンソン・落語・ゴスペルの、
それぞれのライブを楽しみながらクルーズする、約一時間半のプログラムです。

出演して下さったのは、
第1便 13:00 〜 シャンソン/中園弘子さん
第2 便 15:00 〜 落語/久留米落語長屋さん
第3 便 17:00 〜 ゴスペル/クワイヤOVG の皆さんです。ありがとうございました。

筑後川ライブクルーズ乗船場


 江上船長の案内で乗船 

筑後川ライブクルーズ乗船


 定員の40名 満席の船内です。

第一便 麒麟号船内 2


 参加者には、本邦初公開の久留米新作銘菓とお茶でおもてなし。


ぱくっ


中園さんの美しい歌声が船内に響き渡ります。
マイクを向けられたお客様の歌も素敵でしたね~

中園さん2


中園さん1


 「久留米落語長屋」の3人の出演者です。さすが~~、一枚の写真にもこだわって下さいました。
皆さんのお名前が面白い。全不可亭 真心(ぜんふかていましん)、蜜屋 泡浮(みつやさいだー)、
福々亭 金太郎(ふくふくていきんたろう)・・・・・浮世忍仮名(うきよをしのぶかりのな)だそうです。

久留米落語長屋さんの紹介記事も読んでみてね >


落語長屋さん1


船内が笑いに包まれて、一時間半があっという間の落語クルーズでした。

落語のお客様の中に、 ネットのコミュ繋がりオフ のグループで参加したという、
素敵な和服姿の女性がいらしてました。それぞれ遠くから集合してのご参加で、
貴重な1日を、久留米の筑後川クルーズで過ごして頂き、ありがとうございます。

落語長屋さん2


日が落ちるのが早くなりましたね~~、第三便出航の午後5時頃の筑後川と麒麟号です。
雲ひとつない空がオレンジ色に染まり、昼間は暑いくらいでしたが、少し涼しくなってきました。

夕刻の麒麟号


乗船前に、筑後川河川敷で、ゴスペル/クワイヤOVG の皆さんの記念撮影。

ゴスペルさん


船が揺れるくらいの迫力で、明るい歌声を聴かせてくれました。出演者にも定員があったので、
何人ものメンバーが自費で参加してくださいました。ありがとうございます。

ゴスペルさん2


楽しい1日でしたね~、またライブクルーズがあるといいな。
「歌声クルーズ」とか、「カラオケクルーズ」とか、いろいろできそうですね。

夕暮れの筑後川


● 「まち旅博覧会」では、週末に七五三船詣を開催中です。 七五三詣ルポ 1> 2 > 3 >

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/208-10a050b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)