2018年4月~9月開催の「いつでもまち旅」の詳細を公開しました。皆さまのご参加お待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

 2017年秋のまち旅レポートは カレンダー アイコンをクリックして ご覧ください

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   Trackback: --   Comment: --    BLOG TOP   

62.それは耳納の恵みの色 草木染とソムリエ料理 

2017久留米まち旅博覧会秋のまち旅/実施レポート

まち旅事務局の hama です。

久留米市田主丸町、筑後川と巨瀬川に挟まれた水分小学校近くにある
OKUMURA-TEI (おくむら亭)が、今回の会場です。
こちらは、昔懐かしいような一軒家で、洋風キッチン&カフェ と 草木染のアトリエが一緒になった、ちょっとワクワクするスペースです。 

62_1_9210.jpg62_2_9220.jpg

今回のプログラムは、耳納連山の麓で育った無花果、枇杷の葉やもみじの枝など地元産の材料にこだわった
草木染を行います。

62_3_9226.jpg62_5_9253.jpg62_6__9276.jpg

「色で心を癒し、草木の持つそれぞれの薬効成分が身体を癒し健康に」
をモットーに、これまで数多くの作品を手がけてきたクリエーターであり、この店の女主人でもある惠美さんがナビゲーターです。

お茶の木は筑水高校の校庭から、枇杷、いちじくは田主丸の○○地区から・・と本当に身近な場所から運ばれてきた材料だから、ますます親近感が湧いてきます。

62_追加写真362_7_9284.jpg62_8_9294.jpg

「着る漢方」と言われる身体がよろこぶ草木染。
みんなが気になる薬効などを教えてもらったり、おしゃべりしながらくつろぐひとときは、この体験ならではの構成です。

62_9_9300.jpg62_10__9307.jpg

そして・・・ 染めた作品を干している間に・・・・・・、野菜たっぷりのシェフおまかせ特別ランチ。 
OKUMURA-TEIのオーナーシェフ、ご主人の奥村公記さんが腕をふるった特別ランチです。
なんと、レストランフロア貸切でふるまっていただきました。
こちらのランチのボリュームにも、もうびっくりです。 そして、充実のデザート。 もう、ワクワクが止まりません。

62_追加写真5そして、ナビゲーター恵美さんからの嬉しいサプライズが!!
まち旅10周年のお祝い 

特別に、手提げ袋が参加者さんにプレゼントされました。

これには、事務局 hama もびっくりです。 

62_追加写真7おくむら亭さん、ありがとうございます!
このプログラムならでは、本当に心の癒される優しい色合いの作品ですね。

そして、みなさんも、素晴らしい作品が出来ましたよ。

それぞれ、身につけてみんなで記念撮影です。 
ごらんください、みなさんのこの笑顔。 
ありがとうございました!! 

62_追加写真1

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2068-95e89290
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。