2018年4月~9月開催の「いつでもまち旅」の詳細を公開しました。皆さまのご参加お待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

 2017年秋のまち旅レポートは カレンダー アイコンをクリックして ご覧ください

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   Trackback: --   Comment: --    BLOG TOP   

61.水車挽きのそば粉の香り そば打ち名人への道 

2017久留米まち旅博覧会秋のまち旅/実施レポート

まち旅事務局の hama です。


61_1_8825.jpg久留米市に連なる耳納連山の南西の麓には、
高良川の清らかな流れを楽しむ、ひろーい一ノ瀬親水公園があります。
広さはもちろん、名物は、直径6メートルの大型水車と、水車小屋。 
その、水車にちなんで・・今回は、その広~い公園の一角にある、あずま屋形式の交流棟で そば打ち です。
大勢の子どもたちと一緒に、賑やかに体験が始まりました。

61_3_8833.jpg61_追加写真1

61_5_8867.jpg61_6_8892.jpg61_7_8900.jpg

福岡方面からの参加者が多かったです。 やっぱり、この自然に囲まれ広々した場所と空気は魅力ありますね~
おいしい空気を薬味に、手づくりそばを親子で味わいました。
ちょっと太い麺もありましたが、やっぱり自分で打ったソバは格別です。
デザートに出されたソバ羊羹も美味しかったですね!

61_追加写真661_8__8920.jpg

そして・・・ 食事の後は、水車小屋の中を見て・・、穀物を杵で搗いたり臼で挽いたりする道具の見学です。
今、そば粉から蕎麦を打って切って食べましたが、実はソバって、こうやって、そば粉になるんですね・・

61_追加写真361_10__8857.jpg

これから、ソバを食べる気持ちも、みんな変わったかも。楽しい体験でした。

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2067-960b8c1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。