FC2ブログ

2018年秋のまち旅レポートを絶賛公開中。 2018年下期「いつでもまち旅」のご案内もしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

 2018年秋のまち旅レポートは カレンダー右端のアイコン をクリックしてご覧ください。


    

31.謎多き太古浪漫 草野で装飾古墳新発見! 

2017久留米まち旅博覧会秋のまち旅/実施レポート

まち旅レポーターの朝倉2号です。

耳納北麓は全国有数の装飾古墳地帯。
全国に16万基以上ある古墳のなかで装飾古墳は300基しかない貴重なもの
久留米市はそんな貴重な装飾古墳の数が福岡県内で第1位!

31_01.jpg草野から田主丸にかけて、ごろごろころがっているのですw。

というわけで、
まち旅「謎多き太古浪漫 草野で装飾古墳新発見!」では
装飾古墳に超くわしいスペシャリスト、
久留米市役所文化財保護課の白木先生、神保先生に
草野町の古墳をいっぱいご案内いただきました♪

 

31_02.jpg31_03.jpg

久留米市世界のつばき館に集まった参加者の皆さん、神保先生を先頭にしゅっぱ~つ。

まずは飛鳥時代に作られた「伝路」を歩きます。
この伝路は久留米におかれた筑後国のお役所「国府」と、山本郡、竹野郡、生葉郡を結ぶ道。

1000年以上前に作られた道をいま歩いてるって、なんだか古代のロマンです♪

31_04.jpg31_05.jpg31_06.jpg

最初に見せていただいたのが、草野町吉木にある下馬場古墳

直径42メートル、高さ5メートルのでっかい円墳です。
石室のなかに入っていくと・・・、ありました!
懐中電灯の光の中に、赤い円が浮かび上がっています。
神保先生、白木先生からこれが描かれた時代のこと、
顔料のこと、その文様の意味するものなどをくわしくご説明いただきます。
絵具なんてない古墳時代に、こんな鮮やかな文様を描いていたなんて。
皆さん、古代に思いを馳せ、じっと見つめておられました。

31_07.jpg31_08.jpg31_09.jpg

31_11.jpg

31_10.jpg31_12.jpg31_13.jpg

31_14.jpg31_15.jpg31_16.jpg

そこからは、もう古墳三昧なひととき。
ひとくちに古墳といっても、その形はさまざま。
竹藪のなかにあった古墳は半分くずされてお詫びの石碑がたってるし、
いりぐちがせまくて匍匐前進で入った古墳は、ゲジゲジやコウモリが住んでたりするし~w
移動の道すがら白木先生や神保先生からいろいろ教えていただきながら、
上に祠が立ってる古墳、土がなくなり石室だけになってる古墳、
家の庭石みたいにになってる古墳を次々に見て回ります。

ほとんどの古墳は私有地のなかにあるので、普段は立ち入り禁止。
それを今回特別に許可をいただき、石室のなかまで入らせていたいだいてるのです。
まち旅だけの特典ですよね~、スバラシー。

最近になって判明した 新発見の装飾古墳 にも入りました。
うっすらとではありますが、確かに文様が残っています。
これから調査を行うそうなので、どんな結果が出るのかワクワク~♪
それにしてもこんなにたくさんの古墳があるなんて、まさに久留米のお宝ですね。

31_17.jpg約3時間、8つの古墳を見せていただいたところで今回のまち旅は終了。
世界のつばき館まで赤く色づいた柿の葉や木の実を眺めながらぶらぶら歩いて帰ります。

「専門家と話す機会はなかなかないのでよかった」
「楽しかった」「また来たいです」などなど、
参加者の皆さんから次々にお褒めの言葉をいただきました。

 
専門家の説明付きで、レアな古墳を見ることができるんですから、
大人気なまち旅
 になっちゃうのも当然です。
というわけで、白木先生、神保先生、来年もよろしくお願いしますね~。

<追記1>
今年の秋のまち旅から始まった新たな企画、
参加したプログラムの思い出に実施者さんからサインをいただく「まち旅手帖」
いま若い女性の間で盛り上がってる御朱印帳のまち旅バージョンです。

31_18.jpg白木先生と神保先生にお願いすると、
「え゛、私が書くんですか(汗)」とか仰ってましたが、
なんのなんのこのできばえ。
赤青で描かれた丸い文様がいい感じでしょ♪

まち旅手帖は1冊1620円で販売中。
興味のある方は、まち旅事務局にお問い合わせを。 
電話:0942-31-1730
 

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2066-7fc84298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)