2018年4月~9月開催の「いつでもまち旅」の詳細を公開しました。皆さまのご参加お待ちしております。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

 2017年秋のまち旅レポートは カレンダー アイコンをクリックして ご覧ください

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告   Trackback: --   Comment: --    BLOG TOP   

58.久留米の昭和をたずねて飲みさるきツアーPartⅡ 

2017久留米まち旅博覧会秋のまち旅/実施レポート

まち旅事務局の hama です。

昭和を物語る名店フォークや歌謡曲、ブルースなどを聴きながら、
懐かしいメニュー をどっぷり味わうという企画です。

ジャーン!  現れたのは 流し になったヒデキさん。
いつもは、池町川の達人として道案内に徹しているヒデキさんが、なんとギター片手に登場です。

58_1_8637.jpg58_2_8656.jpg

まずは、お寿司を頂きます。  盛りだくさん、奮発!!の内容に、いきなり最初からテンションUP です。

58_3_8679.jpg

そして、久留米で昭和の味と言えば・・ 
どうしてもはずせないのが、昭和38年創業 「安くてうまい」 酒蔵 松竹 です。
昭和歌謡 & 老舗酒場で、タイムスリップ!

名物の骨付きモモもつ鍋 まで登場して、みなさん大満足です。

58_4_8692.jpg58_5_8705.jpg58_6_8718.jpg

58_7_8734.jpg58_8_8755.jpg58_追加写真3

そして、最後は、ビルの最上階から久留米の夜景を180度楽しめる
老舗バー (ダイニングラウンジ 空天910 [ジミーズバーがリニューアル]) で、
思い切り、楽しく歌って飲んで、みんなで盛り上がりました。
昭和へのタイムスリップ、また出かけたいですね~  なりきり流しのヒデキさん、ありがとうございました。

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2065-42257490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。