FC2ブログ

2018年秋の久留米まち旅博覧会GUIDEを公開しました。みなさまのご参加をお待ちしてます。

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み


    

39.寺町の偉人を訪ね お地蔵さまをたどる旅 ①寺町コース 

2017久留米まち旅博覧会秋のまち旅/実施レポート

まち旅レポーターの朝倉2号です。

西鉄久留米駅から福岡方面に国道3号線沿いを歩いて5分と少々、
通町十丁目の信号から左折してさらに3分ほど歩くと寺町に入ります。

ここはその名のとおりお寺さんの町。

江戸時代に久留米城の東の守りとして整備されて以来、今でも17のお寺が並んでいるのです。

39_01.jpg秋晴れの空の下で開催されたまち旅

「寺町の偉人を訪ね お地蔵さまをたどる旅 ①寺町コース」では、南薫ほとめき歩きの会の井上さん、床島さん、岩橋さんに、古い町並みが残る寺町をご案内いただきました。

※寺町のご紹介は → コチラ(久留米観光サイト ほとめきの街 久留米
 

39_02.jpg寺町の西の端にある医王寺に集合した参加者の皆さん、

さっそく井上さんがお地蔵さんをご紹介してくれるんですが、

「これがお地蔵さんなんですか?」 

と皆さん怪訝な顔。

6角形の石の柱に見えますが、じつはこれ六地蔵なんだそうです。 

39_03.jpg井上さんによると、

寺町にはお地蔵さんがたくさんある とのこと。

そんなお話を聞きながら、

寺町めぐりに出発です。 

最初に訪ねたのは・・・・、

39_04.jpg医王寺のお隣にある少林禅寺
2階建ての立派なお寺です。
ここでお寺の基礎知識をいろいろと聞いていると、
屋根の両端にある鴟尾(しび)がお日様に照らされてキラキラ光っています。
「あの鴟尾は奈良の東大寺と同じ鋳造所で作っとるとです♪」

ほとめき歩きのお三人、
なんだか誇らしげですw

 

39_05.jpg39_06.jpg

39_07.jpg39_08.jpg

続いて尋ねたのは遍照院
勤王の志士、高山彦九郎のお墓で有名なお寺です。

まずは井上さんのご紹介で六地蔵にごたいめ~ん。 六角柱のそれぞれの面にお地蔵さんが彫ってあるんです。
すかさず岩橋さんと床島さんが横からフォロー。

「六地蔵とは・・・」

お三人の息もぴったりですね~。

高山彦九郎 の石碑やお墓の前では、お三人の説明もヒートアーップ!
高山先生がどんなにすごい人だったのか、近代日本にどれだけ影響を与えたのか。

熱い、熱い語りに、参加者の皆さんも熱心に聞き入ってしまいました。

39_09.jpg39_10.jpg39_11.jpg

寺町にお墓がある有名人は高山先生だけではありません。
徳雲禅寺には久留米絣始祖、井上伝 が、
妙正寺には久留米つつじの始祖、坂本元蔵 が、
善福寺には大正~昭和初期に活躍した洋画家、古賀春江 が眠っているのです。
その他にも、久留米出身の 菊竹清訓 が設計した徳雲寺
菊の御紋の瓦を使っている正覚寺
お庭がすばらしい誓行寺などなど、

それぞれのお寺にそれぞれの見どころが。

時間の関係で残念ながら通り過ぎるだけのお寺もあったんだけど、別の機会にじっくり見たいですねぇ。

39_12.jpg39_13.jpg

最後に訪問したのはブリヂストンを興した石橋家の菩提寺、千栄禅寺
建物はレンガづくりで、窓はステンドグラス、
まるでキリスト教の教会のようなお寺さんです。

奥にある石橋家のお墓の前で、久留米の発展に尽くした石橋さんの功績について、
お三人さんの熱いトークが繰り広げられたのは言うまでもありませんw

39_14.jpg39_15.jpg

医王寺に戻り、広い本堂でお茶とお菓子をいただきながら、
井上さんから寺町のお地蔵さんを写真でご紹介いただきました。
墓地のなかなど一般の人は入ることができないところにも、たくさんのお地蔵さんがあるんだとか。

皆さん、お地蔵さんの貴重な写真に釘づけでしたよ♪

というわけで、今回はこれで終了。
秋の寺町を歩きながら、その深い歴史を感じることができたまち旅でした。

久留米ラブ、寺町ラブなほとめき歩きの会の皆さん、ありがとうございました~。

<追記>
今年の秋のまち旅から始まった新たな企画、
参加したプログラムの思い出に実施者さんからサインをいただく「まち旅手帖」
いま若い女性の間で盛り上がってる御朱印帳のまち旅バージョンです。

39_16.jpg寺町をご案内いただいたほとめき歩きの会の井上さんは、
じつは医王寺のご住職。

というわけで、まち旅手帖に本物の御朱印をいただいてしまいました。

さすが寺町のまち旅ですね~w
というわけで朝倉2号のまち旅の思い出、どんどん積み重なってますよ~♪

※まち旅手帖は1冊1620円で販売中。
 ご希望の方は事務局までお問い合わせくださいね。

 

コメントありがとうございます

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hotomeki.blog68.fc2.com/tb.php/2059-95a4de00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)